仕事がもらえるかもよ~人との出会いは大切に~

大学生
スポンサーリンク

はいどうも、たくまです。

 

 

みなさん、バイトをしようと思ったらどうしますか?

連絡して、面接受けてって感じですよね。

 

実際僕もそうでした。

 

 

でも最近、仕事をもらうのは自分から提案しにいくだけじゃないんだな

という出来事があったのでシェアしておきます。

 

たくま
たくま

何か新しい経験をしてみたい人は読んでみて~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インターンに誘ってもらえた

まず何があったかというと、

カフェの店員さんに「インターンしないか?」

と誘ってもらえました。

 

 

その後で、

代表の方や運営者の方から、

事業に対する思いとか事業内容とかを聞かせてもらって、

実際にインターンとして働くことが決まりました。

 

 

今まで、自分から仕事を探すことしかしてこなかったので、初めての経験でした。

 

バイトもライティングも、面接や提案をして初めてもらえる仕事だったので。

たくま
たくま

これからが楽しみだ・・・。

仕事をもらうために大切なこと

今回の出来事から学んだこと・気づいたことを書いておきます。

 

 

仕事をもらうために大切なのは、

人との繋がり、そして繋がりを大切にすることだなと感じました。

 

人との繋がりを作るために効果的なこととして感じたのは、

 

・単純接触効果

 

これは心理学では有名な手法ですが、初めて実感しました。

 

 

実際にインターンに誘ってもらうまでの流れを話すと、

カフェに初めて行った時に、店の人と少し話して「この人は面白い人だ」と思ったので、

二日後にまた行きました。

 

 

そしたらインターンの話を聞けたのです。

たったの二回目です。

 

たぶんこれが、一週間後とかだったら変わっていたでしょう。

 

単純接触効果を実感した瞬間でした。

 

 

そして仕事につなげるために、

 

・やっていること、やりたいこと、出来ることを伝える

 

これを聞くと、自分を売り込んでいるように聞こえるかもしれませんが、違います。

もちろんそれも大切ですが、今回は仕事をもらうという話なので、少しずれてしまうので止めておきます。

 

 

実際今回、僕が伝えたのは、「ブログとライティングを最近やってる」これだけです。

これも、作業していたら聞かれただけです。

 

 

まあこの時インターンのことなんて知らなかったので、提案のしようがないですが。

 

 

とにかく、やってること・やりたいこと・出来ることを軽く伝えて、

相手の頭の片隅にでも残しておければいいのかなと思います。

 

つまり種まきです。

 

「こんなこと出来る奴いないかなぁ~」って考えた時に、思い出してもらえれば勝ちです。

 

 

僕の場合もおそらく「一緒にメディア運営してくれる奴いねえかなぁ~」って思って誘ってくれたんだと思います。

 

いろんなところで種をまいておけば、いずれ何かに繋がるかもしれません。

たくま
たくま

単純接触効果を使いながら、自分の印象を少しでも残しておこう!

人との繋がりを大切にしてみよう

人との繋がりを大切にしていれば、

いろんな経験に繋がる可能性があります。

 

これからも、人との繋がりは大切にしていこうと思います。

 

 

まぁもちろん付き合っていく人は選びながらですが。