【実話】海外旅行に持っていく財布3選|財布は3つに分けてリスク管理

はいどうも、たくま(@wakutakublog)です。

 

 

この記事では「海外旅行でお金を管理する方法・財布の分け方」について解説していきます。

 

僕はこれまで、長財布や適当なポーチ、マネークリップなどを使って旅をしてきました。 そのなかで見つけた最適なお金の管理方法を紹介します。

 

 

結論は「ミニ財布・マネークリップ・ポリ袋」の3つを使うことです。

 

「 “海外旅行ではお金を分散させるべき” と聞くけど、上手に分けれない…」そんな方の悩みを解決していきます。

 

[chat face=”DSCF93300.jpg” name=”たっくん” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]自分のお金はしっかり守ろう[/chat]

 

目次

海外旅行に使う財布の選び方【分ける際のポイント3選】

必ず抑えるべきポイントは3つです。

 

この3点を意識して財布を管理していきましょう。

 

[chat face=”DSCF93300.jpg” name=”たっくん” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]1つずつ解説していきます[/chat]

 

財布は3つ以上に分ける

2つでも悪くないですが、3つ以上に分けることを強くおすすめします。

 

・普段使い(ダミー)

・隠して持っておく(メイン)

・宿に置いておく(緊急用)

このように分けておきましょう。

 

ダミー財布とメイン財布で分ける人もいますが、

ガチの強盗に遭遇する→絶対に抵抗しない→身ぐるみ剥がされ全財産を失う

このような場合に困ってしまいます。(滅多にないですが…)

 

とはいえ宿が絶対に安心とも限らないので、”帰国できる最低限のお金だけ” を宿に置いておきましょう。

ロッカーがある場合はクレカを1枚入れておくのもアリです。

 

[chat face=”DSCF93300.jpg” name=”たっくん” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]ダミー財布・メイン財布のおすすめは記事の後半で![/chat]

 

絶対に肌から離さず持ち歩く

特にメインの財布は必ず、肌から離さないように持っておきましょう。

 

リュックに入れるなどもNG。

正直、カバンに何かされても気づきません。

 

「ここを触られたら絶対に気付く」という場所に持っておきましょう。

 

僕の実例を紹介します。

・ダミー財布はポケット(盗まれてもOK)

・メインの財布はセキュリティポーチ(腰に巻いて服で隠す)

 

メインの財布を隠しておくのに便利なものがあり、それが「セキュリティポーチ」です。

 

この中に収納するとなると、メインの財布は “小さいこと” が必須条件になります。

 

[chat face=”DSCF93300.jpg” name=”たっくん” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]肌から離さず持っておけるように、コンパクトな財布にしよう[/chat]

 

支払いを素早く行えること

支払いの時間を短くする。

これはかなり大切だと思うのですが、あまり気にしていない人が多い気がします。

 

支払いの時間 = 周りの人があなたのお金を確認できる時間

大袈裟かもしれませんが、これぐらいに用心しておきましょう。

 

もちろん、ダミー財布で支払いをするので見られても問題ないですが、素早く支払いを済ませるに越したことはありません。

 

 

また、支払い時は財布に気が取られています。

そんなときにスッと、スマホを取られたらどうでしょう。たぶん気づけません。

 

なので、ダミー財布は「いかに素早く支払いできるか」を意識して選んでください。

 

[chat face=”DSCF93300.jpg” name=”たっくん” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]次の章でおすすめの財布を紹介するよ[/chat]

 

海外旅行で使う3つの財布【お金管理はコレで解決】

では、具体的にどんな財布を使っているのか見ていきましょう。

 

[chat face=”DSCF93300.jpg” name=”たっくん” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]実際に僕が使っている財布を紹介するよ[/chat]

 

ミニ財布【メインの財布は小さくしよう】

メインの財布は隠すので、できる限り小さくしましょう。

セキュリティポーチに入れるために。

 

ミニ財布に入れるものはこちら↓

・カード

・金額の大きいお札

メインの財布はこれだけ入れば十分でしょう。

 

実際に僕が使っているミニ財布は「abrAsus/小さい財布」です。

公式サイトを見る

 

旅行用として使うには高価ですが、日本での普段使いにも便利なのでおすすめです。

 

\ 小さい財布のレビューはこちら /

あわせて読みたい
【2年使った】abrAsus(アブラサス)『小さい財布』の正直レビュー 「abrAsus(アブラサス)の『小さい財布』って実際どうなの?」そんな疑問を抱いている人も少なくないかと思います。というのも『小さい財布』はミニ財布の中でも、かなり小さい部類に入るので。買う前に、収納力などの使いやすさ、実際に使った感想などのレビューが知りたいですよね。この記事では「abrasus(アブラサス)『小さい財布』を2年以上使った感想」をお伝えします。正直かなり気に入っていますが、デメリットもあるので正直にお伝えしますね。

 

\ その他ミニ財布を探したい方はこちら /

あわせて読みたい
【使い勝手もOK】ミニ財布のおすすめ6選|選び方も解説【男女使える】 「財布を小さくしたい。けど機能性も損ないたくない…」そんな欲張りさんへ。2年以上、ミニ財布を使っている僕から「失敗しないミニ財布の選び方 & おすすめのミニ財布6選」を紹介します。メンズにもレディースにも使いやすい財布です。ミニ財布に買い換えるときはかなり悩んだので、あなたの参考になるはず…!

 

[chat face=”DSCF93300.jpg” name=”たっくん” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]この小ささなら、セキュリティポーチに入れても快適[/chat]

 

マネークリップ【ダミー財布はスピード重視】

ダミー財布はとにかく “支払いのスピード” を意識しましょう。

 

「ポケットに入れること & 支払いを素早くできること」を考えた結果、マネークリップが最適です。

 

マネークリップに挟むものはこちら↓

・1日分の現金(盗られても許せる程度)

 

 

ただ「マネークリップって所持金が周りにバレやすいから危険なのでは…」と思うかもしれません。

ですが正直、そこは気にしなくていいと思います。

 

というのも1日分の現金しか挟まないので、盗られても問題なしです。

むしろ「コイツ金ないな…」と思われるかもですよね。

 

 

マネークリップをおすすめする理由は2つあります。

・支払い時間がかなり短くなる

・サイズに対応できる

 

マネークリップでの支払いは「ポケットから取り出す→1秒でお金を確認→お札を抜く」です。

時間にして3秒。

 

また、お札は国によってサイズが異なります。

例えば、シンガポールの1万ドルは180×90mm とかなり大きい。
(1万円札は160×76mm)

普通の財布なら、お札が入らなくて困るかもしれません。

 

でもマネークリップなら挟むだけなので、サイズに関係なく使えます。

 

 

「すぐに支払えるスピード感 & サイズに対応できる便利さ」を考えると、普段使いのダミー財布にはマネークリップが最適です。

 

マネークリップを探す

 

ポリ袋【小銭は適当に管理してまとめて使う】

「普段使いにマネークリップって、小銭はどうするの?」と気になる人もいるかもしれません。

 

正直、コインは適当でいいと思っています。

カバンの小ポケットに入れるなり、小さいポリ袋で管理するなり。

 

 

というのも、慣れないコインを使うのはかなり時間を使います。

普段の支払いはスピードを意識した方がいいので、あまり使いません。

 

「いやいや、コインが溜まるのはイヤだ」と思うかもですが、解決策はあります。

席に座っている時など、余裕のあるときに使えばOKです。

 

[chat face=”DSCF93300.jpg” name=”たっくん” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]毎回コインを探すより「基本はお札、使える時にまとめてコイン」の方が効率的かと。[/chat]

 

【無料】海外旅行で財布に入れておくべきクレカ2選

おまけ情報ですが、海外旅行にはクレジットカードを持っておくといいです。

海外旅行保険が付いているので。

 

数万円をかけて海外旅行保険に加入する人もいます。

これは正直モッタイナイ。

クレカを持っておくだけで十分です。

 

とりあえずこの2枚を持っておけばいいかと思います。

 

どちらも無料で作ることができます。

 

注意点としては “楽天カードの海外旅行保険は利用付帯” ということ。

つまり、航空券や空港までの電車などを楽天カードで支払う必要があります。

 

とはいえ、少しでも楽天カードから支払えばいいので、覚えておけば問題なしです。

楽天カード

 

反対に、エポスカードの海外旅行保険は自動付帯です。

海外に持っていくだけで海外旅行保険が使えます。

エポスカード

 

また、クレカの海外旅行保険は多くのケースで合算して使うことができます。

つまり、複数から保険を受け取ることができるということ。

 

保険会社の海外旅行保険と比べて、クレカの保険金額は頼りないことが多いです。

なので、1枚ではなく2枚以上を合算させるようにしましょう。

 

[chat face=”DSCF93300.jpg” name=”たっくん” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]上記の2枚は作っておいて損はないかと[/chat]

 

海外旅行では財布を分けてリスクに備えよう

今回は「海外旅行にでお金を管理する方法・財布の分け方」について紹介してきました。

 

まとめて載せておくので、気になるものをチェックしてみてください。

 

盗難やスリの可能性が日本より高いのは事実です。

とはいえ今回紹介したような対策をしていれば、大きな被害は防げるはず。

 

海外旅行でイヤな思いをしないためにも、財布は3つ以上に分けるようにしましょう。

 

[chat face=”DSCF93300.jpg” name=”たっくん” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=”maru”]それでは、良い旅を![/chat]

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる