プログラミング

【感想をぶっちゃけ】SkillHacks(スキルハックス)の体験談。挫折はしない

はいどうも、たっくん(@wakutakublog)です。

 

 

この記事では「Skill Hacksを受講した体験談をもとに感想をレビュー」していきます。

 

いきなりですが結論を先に。

 

Skill Hacksを受講して欲しい人は下記のような人です↓

  • コスパよく、効率よく、自分のペースで、脱初心者を目指したい人

 

上の条件に当てはまる人は最後までお付き合いください。

 

反対に「お金はいくらでも出すから対面で強制的に、転職レベルまで、延長料金も気にしない」という人は他をあたりましょう。(長めの記事なので時間がモッタイナイです)

 

 

たっくん
たっくん
それでは徹底的にレビューしていくよ

 

\コスパよく脱初心者を目指す/

-Skill Hacks- 動画で学ぶWebアプリ開発講座

 

Skill Hacksの講座内容・何が作れる?【お試し動画あり】

  1. 事前準備(2本)
  2. HTML(6本)
  3. CSS(6本)
  4. サイト作成演習(6本)
  5. Bootstrap(7本)
  6. Ruby(12本)
  7. Ruby演習(7本)
  8. Rails基礎1(14本)
  9. Rails基礎2(10本)
  10. Rails実践1(11本)
  11. Rails実践2(13本)
  12. 【追加】コーポレートサイト作成演習(9本)

ざっくりと、上記がSkill Hacksのコンテンツとなっています。

合計103本の動画教材。

 

ただ、コレだけ見ても「いろんな言語があって難しそう…」「イマイチよく分からない」と感じる人も多いですよね。

なので、もう少し詳しく解説していきます。

 

たっくん
たっくん
受講前に「何が学べて、何が作れるようになるのか」はハッキリしておいた方がいいからね

 

 

1:事前準備

 

ここで行うのは1つだけ※カッコ内は知らなくてOK)

  • コードを書くための画面を用意する(AWS・Cloud9を使用)

コレを用意しないことには始まりません。

 

たっくん
たっくん
0歩目からサポートしてくれるので安心ですね

 

 

2〜4:HTML・CSS・サイト作成演習

 

ここでの学習内容は以下の通り↓

  • 要素を配置するための「HTML」を超基礎から学ぶ
  • 配置したHTMLにデザインを適用させる「CSS」を超基礎から学ぶ
  • HTML・CSSを合わせて使い、自己紹介サイトを作る

②と③で基礎をがっつり学び、④で実践していく形式。

 

④でさっそくWebページを作れるようになります。

 

 

5:Bootstrap

 

⑤の説明に入る前に、Bootstrapについて少し補足↓

  • Bootstrapは下記画像のような公式ドキュメントを見ながら使います

 

(参照:Bootstrap公式ドキュメント

 

完全初心者の人には「ナニコレ」といった感じかと思いますが、使いこなすことでCSSを使うより簡単にデザインを適用させることができます。

 

 

そして⑤は以下のような学習内容です↓

  • 公式ドキュメントの見方、使い方
  • CSSを使わず、ボタンやアラートを作ってみる
  • スマホでもデザイン崩れを起こさない「レスポンシブデザイン」
  • Bootstrapを使った入力フォームの作成

 

たっくん
たっくん
CSSと合わせてBootstrapを使うことで効率的にWebサイトを作れるよ

 

 

12:【追加】コーポレートサイト作成演習

順番を入れ替えて12を先に。

 

ここでは実践的なサイト作成を行なっていきます。

 

まずコーポレートサイトとは企業のサイトのこと。

④で作った自己紹介サイトより、もう少し複雑で長めのサイトです。

 

ここでの学習内容は以下の通り↓

  • クラウドソーシングで案件を探す・提案のコツ
  • 演習課題(企業のサイト風)をHTML・CSS・Bootstrapで作成

 

実際にサイト制作の案件を獲得する一般的な方法として、クラウドソーシング(仕事版マッチングサービス)があります。

 

1本目の動画で「クラウドソーシングの使い方、案件の探し方、提案する際のコツ」などを教えてくれるので、かなり役に立つかと。

 

 

そして2本目からは、コーポレートサイトを作れるようになるための演習です。

用意されているサイトを動画を見ながら作っていきます。

 

これを終えると、クラウドソーシングを使って簡単な案件ならこなせるレベル。

 

たっくん
たっくん
演習課題もいい感じのデザインなので、成長を実感できるよ

 

 

6〜7:Ruby基礎・Ruby演習

 

ここから本格的にプログラミング言語を学んでいくことになります。

 

Rubyの学習内容は以下の通り↓※カッコ内は知らなくてOK)

  • Rubyの基礎文法(計算、変数、配列、each)
  • おみくじアプリ開発
  • Rubyの基礎文法(ハッシュ、メソッド、条件分岐、繰り返し)
  • メモアプリ開発

 

ここでも、がっつり勉強した後でアプリを開発しながらアウトプットする形式です。

 

最後のメモアプリ開発では「メモを入力する、入力したメモを保存する、保存されているメモを表示する」という基礎的なメモアプリの機能を実装することができます。

 

 

※「変数」の動画が無料で公開されているので、気になる方はチェックしてみてください。

(Ruby編の3本目の動画なので分からなくても気にしなくてOK)

 

 

8〜9:Rails基礎

 

ここからは「Ruby on Rails」の学習です。

Ruby on Railsは、Rubyを使った開発を効率的にできるようにしてくれるもの。

 

BootstrapがCSSを効率化するのに対し、RailsはRubyを効率化するものです。

 

 

実は、前章までのアプリ(メモアプリ等)ではブラウザで表示できません。

(この記事を読んでいるような画面では動かず、開発者だけが見れる画面でしか動かないということ。)

 

ここからの内容を学ぶことで、誰でも見れるアプリを作れるようになります。

 

 

ここでの学習内容はこちら↓(※カッコ内の専門用語は気にしなくてOK)

  • Railsの仕組みを理解(MVCパターン)
  • Railsの基礎知識(コントローラ・ビュー)
  • おみくじアプリ開発
  • Railsの基礎知識(入力フォームからデータの受け取り)
  • 足し算アプリ開発
  • Railsの基礎知識(モデル・データベース・データの作成,表示,削除,編集)
  • 名前管理アプリ開発
  • Railsの基礎知識(既存データに情報の追加・データの制限を追加)

 

こちらもアプリを開発しながら学んでいきます。

 

たっくん
たっくん
学んだことをすぐ形にできるのでモチベーションも上がります

 

 

※「Rails概要」の動画が無料で公開されているので、気になる方はチェックしてみてください。

(Rails編の1本目の動画なので基礎的な内容です)

 

 

10〜11:Rails演習

 

最後は「Skill Hacks」で学習したすべての知識を使って、メモアプリを作成していきます。

 

ですがその前に、作ったサイトやアプリを公開する方法を知っておく必要がありますね。

これまでの自己紹介サイトやメモアプリは、自分だけが見れる状態なので。

 

 

Rails演習のコンテンツは以下の通り↓

  • 開発したアプリの公開方法
  • ④で作った自己紹介サイトをRailsを使って公開する
  • メモアプリの開発 & 公開

 

ここで開発するメモアプリには「新規作成・編集・削除・一覧表示・カテゴリ分け・カテゴリ別表示」といった機能を実装していきます。

 

“THE メモアプリ” って感じがしますよね。

 

 

たっくん
たっくん
これで、みんながアクセスできるサービスの完成です!

 

↑目次に戻る

 

Skill Hacksを受講するメリット【体験談をもとに】

(講座内で作った自己紹介サイト)

 

ここからは「実際に受講してみて感じたメリット5つ」を解説します。

 

ざっくり紹介すると以下の5つ↓

  • 一本15分の動画教材なので効率的に学べる
  • 講座がとにかく分かりやすい
  • 質問無制限なので困っても即解決
  • 脱初心者までのサポートとしては安い
  • 買い切り型なので忙しくても自分のペースでOK

 

当たり前ですが、教材には合う合わないがあります。

自分に適した教材かどうかの “判断材料” に使ってくださいね。

 

たっくん
たっくん
一つずつ解説していくよ

 

 

メリット①:一本15分の動画教材なので効率的に学べる

まず、動画教材というのは非常に効率のいい学習ツールです。

 

通学するといった移動時間も必要ないですし、書籍のように本とPCを行ったり来たりする必要もないので。

PCの画面を二分割にしたり、スマホを横におけば、動画を見ながら聴きながらコードを書けます。

 

 

そして、Skill Hacksの動画教材は1本あたり10分〜15分ほどと短い。

 

なので、まとまった時間を作れなくても、スキマ時間で効率的に学習を進めていくことができます。

 

たっくん
たっくん
15分なら集中力が切れることもないので、そういった意味でも効率的かと

 

 

メリット②:講座がとにかく分かりやすい

Skill Hacksの2つ目のメリットは「講座が分かりやすい」ということ。

 

とはいえ、コレばかりは実際に受講してみないことには分かりませんよね。

なので、Skill Hacksを作っている迫佑樹さん(@yuki_99_s)の情報を判断材料に使っていただければと思います。

 

参考になりそうな、迫佑樹さんについての情報4つ↓

  • エンジニア経験あり
  • プログラミングスクールでの講師経験あり
  • Rubyの動画教材がUdemy(オンライン学習教材プラットホーム)でベストセラー
  • 小・中・高校生が対象の学習塾を経営している

 

よくある話ですが、現役エンジニアだからといって教えるスキルが高いというわけではありません。

自分ができるのと教えるスキルは全くの別物なので。

 

 

でも、Skill Hacksを作っている迫佑樹さんは “教える経験” も豊富なので多少は安心できるかなと思います。

実際に受講しましたが、分かりやすさはホンモノです。

 

たっくん
たっくん
下の動画みたいに、図解が使われているのも分かりやすさUPポイントですね

 

 

メリット③:質問無制限なので困っても即解決

Skill Hacksの最大の魅力とも言えるのが「質問対応サポート」です。

 

質問サポートの特徴は以下の3つ↓

  • 質問は専用のLINE@で
  • 購入してから何ヶ月、何年経ってもOKな無期限の質問サポート
  • 最短1分、最長2日以内で質問に答えてくれる

 

LINE@なので質問しやすいですし、何より無期限という太っ腹さ。

 

 

ただ、それよりも魅力的なのが質問サポートの「早さと丁寧さ」です。

 

質問したらすぐに既読が付き、1分後には返ってきたり、

 

 

テキストでの質問では解決できなかった場合、一度データを預けて確認してもらったり、

 

 

テキストでは分かりにくいと判断したら、画面をみながら通話で解説していただいたり。

 

 

いや、神対応すぎませんかね。まさに至れり尽くせり…。

 

完全初心者ならほぼ確実にエラーの壁にぶち当たります。何度も。

どれだけ基礎的な内容でも、分かりやすくても。

 

実際に僕も過去の質問を見返してみましたが「なぜここで詰まったんだ…」という基礎的な質問をしていました。

 

なので、これだけ丁寧で迅速な質問サポートは初心者には最高のメリットかと思います。

 

たっくん
たっくん
送ってすぐに既読がついたりして、焦るレベルで早かったりする…

 

 

メリット④:脱初心者までのサポートとしては安い

ここまで「Skill Hacks」のコンテンツを紹介し、そのメリットも解説してきました。

 

気になる料金は、69,800円。

 

この価格に対しての感じ方は人それぞれでしょう。

ですが、実際に受講してみた感想としては「決して高くない。安いな」という印象。

 

もちろん、他の大手プログラミングスクールと価格の比較をするのは微妙です。

もっと発展的な内容が学べたり、幅広く学べたり、対面で学べたりとサービスが全く異なるので。

 

ですが、Skill Hacksのテーマ「脱初心者」という点を踏まえても69,800円は正直高いとは思えません。

脱初心者さえできれば、あとは自分で学べますからね。

 

 

これを踏まえたうえで下記の比較をご覧ください。

(引用元:Skill Hacks

 

初期費用14万円ほどで1ヶ月間学び、追加で数万円/月を払って幅広く深く学ぶか、

68,000円で期間に関係なく学習でき、脱初心者できたら独学するSkill Hacksか。

 

この二択で比較してみてください。

 

たっくん
たっくん
僕はコスパよく学びたかったのでSkill Hacksにしました

 

 

 

メリット⑤:買い切り型なので忙しくても自分のペースでOK

他にないSkill Hacksの特徴が「買い切り型」という点です。

 

先ほどの画像にあったように1ヶ月ごとに課金していくスタイルが一般的。

ですが、Skill Hacksは初めに69.800円を払えば、それ以上にお金がかかることはありません。

 

 

これには安さ以上に「自分のペースで学べる」というメリットがあるんです。

もっと勉強したくても、学校や仕事で時間が限られる人も少なくないですよね。

 

そんな状況で月額制だったら、余計にお金がかかったり、睡眠時間を削った効率の悪い学習をしてしまいます。

 

 

そして買い切り型は「挫折しにくい」というメリットにも。

月額制で2ヶ月勉強したけど身に付かなかった場合「さらに数万円を払って学習しても卒業できるのか?辞めるなら今じゃないか…」という選択に迫られたりします。

 

一方で買い切りなら、できるようになるまで何も気にせず学習すればいいだけ。

 

 

「辞めてしまおうか」という気持ちを排除する意味でも、Skill Hacksは “挫折しない仕組み” となっています。

 

たっくん
たっくん
お金に余裕があるか、強い意志がないと、減っていくお金に耐えられなくなるからね

 

\コスパよく脱初心者を目指す/

-Skill Hacks- 動画で学ぶWebアプリ開発講座

 

↑目次に戻る

 

Skill Hacksのデメリット【受講前に知っておこう】

ここまでSkill Hacksのメリットを紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。

 

ざっくり言うと以下の2つ↓

  • 受講だけでは転職できるレベルにはなれない
  • 買い切り型なのでダラける可能性あり

 

これも合う合わないがあるので、判断材料に使ってください。

 

たっくん
たっくん
受講を決める前にデメリットも知っておけば、失敗を避けられるからね

 

 

デメリット①:受講だけでは転職できるレベルにはなれない

先ほども書きましたが、Skill Hacksのテーマはあくまで「脱初心者」です。

 

なので、ゼロから転職できるレベルまで教えて欲しいならSkill Hacksは不向きかと。

その分だけお金はかかりますが、他のプログラミングスクールに通うのがいいでしょう。

 

 

ただ個人的には、脱初心者さえできればあとは独学すればいいと思っています。

 

Ruby on Railsなら「Railsチュートリアル」というオンライン教材もあるので。

 

たとえ独学で困っても、Skill Hacksである程度の知識を身につけた状態なら、ググって解決できたりします。

完全初心者だと陥りやすい「どう調べればいいのか分からない」という状況もそこまで心配しなくてOK。

 

 

というように、独学できるレベル(脱初心者)までを目指すなら「Skill Hacks」で学習するのは、コスパも効率も良いかと。

 

たっくん
たっくん
就職するにしても自分で調べる力は必要だから、先に独学で身につけておくと良さそう

 

 

デメリット②:買い切り型なのでダラける可能性あり

メリットで紹介した「買い切り型」ですが、人によってはデメリットにもなります。

 

とくに自分に甘い人は要注意。

忙しくても自分のペースで学べる反面、期限が決まっていないのでダラけてしまう可能性があります。

 

もちろん、ダラダラと勉強してもお金がかかることはないので、自由に勉強すればいいですが。

 

「時間があっても強制力がないと勉強できない」という人は期限が決まっているスクールに通うことをおすすめします。(そもそも、そのような人がちゃんと成長できるかは置いといて。)

 

 

というわけで、下記のような人にはSkill Hacksはおすすめしません。

  • 自分に甘く、強制力がないと勉強できない人
  • お金はいくらでも払うからトコトン支えて欲しい人

 

反対に以下のような人は「Skill Hacks」を受講するのがいいかと思います。

  • 自分でしっかり勉強できる人
  • あまりお金をかけられない人

 

たっくん
たっくん
正直、そもそも自分で勉強できる人じゃないと成長はむずかしいかなと…

 

↑目次に戻る

 

Skill Hacksは完全初心者にオススメ。その理由を解説

(Skill Hacksを受講して作った読書メモアプリ)

 

ここまで読んだ方はお気づきかもですが「Skill Hacksは完全初心者におすすめ」です。

 

ここでの “完全初心者” の定義はこちら↓

  • プログラミングに関してまったく知らない
  • HTML・CSSが少し分かる程度(Ruby、Rails等はまったく)

とにかく、プログラミング言語(HTML・CSSは除く)を何も触ったことない人です。

 

このような人には「Skill Hacks」を強くおすすめしたいので、その理由を解説していきます。

 

 

ざっくりと、完全初心者にSkill Hacksをおすすめする理由は以下の3つ↓

  • 超基礎から脱初心者までを徹底的にサポートしてくれる
  • とにかく “作る” に特化した講座内容
  • Skill Hacksで基礎を学べば自走できる

 

たっくん
たっくん
僕も完全初心者から始めた1人ですぞ

 

 

超基礎から脱初心者までを徹底的にサポートしてくれる

なんども言いますが、Skill Hacksは「脱初心者」がテーマ。

そこまでは徹底的にサポートしてくれます。

 

期間無制限ですし、質問にもすぐに答えてくれます。

講座も分かりやすく、基礎の基礎である “Webの仕組み” から学ぶことができます。

 

正直、ちゃんと講座をこなせば脱初心者までは確実と言えるほど。

 

そして繰り返しますが、脱初心者できれば独学可能な状態になれます。

 

 

たっくん
たっくん
完全初心者なら、まずは脱初心者を目指しましょう

 

 

とにかく “作る” に特化した講座内容

最初に紹介した「講座の内容」を見れば分かりますが、Skill Hacksは “作ること” に特に力を注いでいます。

 

学習したらその知識を使ってサイトやアプリを作る。そしてまた勉強して開発。

この繰り返しです。

 

 

この仕組みのおかげで完全初心者も、飽きずに、成長を実感しながら学習していくことができます。

 

すでに多少のプログラミング経験がある人なら、学習した後の成長がイメージしやすいので一気に学ぶというスタイルもいいかもしれません。

ですが、完全初心者にはどれだけ学んでも「これで果たしてナニができるんだろ…」という状態です。

 

 

Skill Hacksのように、作りながら学んでいく形式の方が完全初心者には合ってるかと思います。

 

たっくん
たっくん
作れるとやる気も上がるし、イメージできた方が学習効率もいいからね

 

 

Skill Hacksで基礎を学べば自走できる

何度でも言いますが「Skill Hacksで基礎を学べば、もう独学できる状態」です。

 

もちろん、転職までサポートしてくれる他のプログラミングスクールを否定はしません。

やる気さえあればどこでも学べますからね。お金があれば。

 

 

ただ「難易度の高そうな独学も、基礎を学んでからなら可能」ということは知っておいて損はないかと思います。

 

繰り返しですが、完全初心者はまず脱初心者から目指しましょう。

 

たっくん
たっくん
コスパよく学ぶなら、脱初心者→独学かと

 

\コスパよく脱初心者を目指す/

-Skill Hacks- 動画で学ぶWebアプリ開発講座

 

↑目次に戻る

 

【みんなの口コミ】Skill Hacksは賛否両論。その理由は〇〇にある

Skill Hacksを受講した他の人の口コミも紹介しておきます。

僕一人の意見だけでは信憑性も低いので。

 

結論を先にいうと「Skill Hacksは賛否両論(賛多め)」です。

 

まずは受講者のツイートの一部をどうぞ↓

 

 

 

 

Skill Hacksの賛否を分けているのは「目標が脱初心者である」と理解しているか否かの差です。

 

基本的にSkill Hacksを批判する意見は「身につくスキルが業務レベルではない。受講しても現場では使えない」といったもの。

この記事をここまで読んだ人なら分かると思いますが、Skill Hacksはそこを目指していないんですよね。

 

 

「脱初心者をテーマにして、そのぶん価格を下げて、初心者がプログラミングに手を出すハードルを下げる。」

正直、これで十分すぎます。

 

 

もちろん批判意見の「現場で使えるレベルじゃない」というのは否定しません。

ですが、基礎さえ学べば調べ方も分かるようになり独学できます。

 

Skill Hacksを使って最終的に実務レベルになりたいなら、そのあとに独学するだけです。

 

 

お金をかけてでも実務レベルまで教えて欲しいなら他のスクール、コスパよく学びたいならSkill Hacksですね。

 

たっくん
たっくん
賛否は気にせず、ちゃんと考えた上で自分に合う方を選びましょう

 

 

【感想】Skill Hacksは脱初心者を目指したい人向け。受講後が大切。

さて、今回は「Skill Hacksを受講した体験から感想をレビュー」してきました。

 

Skill Hacksをおすすめしたいのは以下のような人↓

  • コスパよく、効率よく、自分のペースで、脱初心者を目指したい人

 

むしろこれ以外の人は、やめておいた方がいいかもしれません。

お金をかけてでも強制的に、転職できるレベルまで、そして延長料金も気にしないような人は。

 

 

ここまで読んで「自分はSkill Hacksで学ぶぞ!」と決意した方は下記リンクからチェックしてみてください。(それ以外の方は見なくてOK)

 

 

\コスパよく脱初心者を目指す/

-Skill Hacks- 動画で学ぶWebアプリ開発講座

 

 

たっくん
たっくん
では、脱初心者を目指して頑張りましょう!