女子高生シンガーソングライター「坂口有望」のおすすめ曲3選

はいどうも、3/27にリリースされる1stミニアルバムを待ちわびている、たくまです。


  • 同世代で頑張ってる人を見て、自分も頑張りたい10代
  • 10代にぴったりな曲を聴きたい
  • とにかく良い曲教えて!

そんな方に向けて坂口有望のおすすめ3曲を紹介します。

ちなみに2019年2月現在高校3年生。

出典:坂口有望Official Site

1.おはなし

これを中二で作ったと聞いた時は衝撃でした。

さらには、初めて作った曲なんです。


この曲は「毎日を大切にしなきゃ」と思わせてくれる曲。

いつもと同じ毎日が あたりまえに来るんだ 学校までの道のりを

少し走ってみたんだけど 何にも変わんなくって ちょっとさびしくなるんだ

出典:Uta-Net

朝起きて学校に行って、部活やバイトをして帰って、また明日になれば学校に行って。

そんな代わり映えのない毎日を当たり前のように感じて、

つまんないとか寂しいとか思いながら過ごしてます。

ここからのサビでこの意識を変えてくれるんです。


ほら 気づけば過ぎていったこの1秒間 その一瞬に たった一瞬に たくさんの何かが失くなったんだ そう何気なく過ごしたこの1秒間 その一瞬に たった一瞬に たくさんの何かが生まれたんだ

出典:Uta-Net

このサビ。

これって誰にでも考えられることだし、誰しもが分かってることだと思うんです。

でもこれを意識して毎日を過ごせてる人なんて、そうそういませんよね。

僕はこの曲を聴くたびに「毎日、毎分、毎秒を大切にしないと」って気づかされます。


いつもと同じ時間に 流れるニュースは 悲しい出来事ばかりで 少し真面目にみたんだけど 心の奥のどこかで そっと思っているんだ あぁ 私じゃなくてよかった あぁ ここじゃなくてよかった

出典:Uta-Net

人間が持つ弱い部分が表れている歌詞。

 

悲しいニュースを自分事のようにまじめに見て考えるけど、

結局心のどこかで「自分じゃなくて良かった」って思う弱い自分がいるんですよね。

 

そんな一面も歌にしてくれると、共感が持てていいですね。


ほら 過ぎていったこの1秒間 その一瞬に たった一瞬に たくさんの命が失くなったんだ そう 簡単に過ぎていったこの1秒間は 誰かが生きたかった時間

出典:Uta-Net

これまた分かってるけど、意識できないことですね。

ここの最後「誰かが生きたかった時間」の時、曲がストップするのが好きです。

詞を脳に焼き付けられる感じ。


いつもと同じ毎日は あたりまえなんかじゃなかったって 私はそっとつぶやいた そんなおはなし

出典:Uta-Net

いつもと同じ毎日も大切にしていきます。

当たり前なんかじゃない大切な時間です。

「一瞬一瞬を必死に生きること」

この曲が伝えたいのはこれなんじゃないかな。



最後にもう一度言いますが、この曲を中学二年生14歳が作ったんです。

凄すぎます。信じられません。

2.地球-まる-

この曲はサビが最高に良い。

これが最初のサビ。

地球がくるくる回って そしたらみんな目が回って 大切なものに気づかないんでしょ? きっとそれは 目に見えない大切なものを 見つけ出すためだから

出典:Uta-Net

大切なことに気づけないのは地球のせい。

仕方のないことなんです。

でもそれは本当に大切な、目に見えにものを見つけるためだと思えばいいんです。

 

目に見える程度の大切なものを見つけて、

それに気をとられていると本当に大切なものを見過ごしてしまいます。


だから「自分って大切なことに気づけないなぁ」って思っても、

それは本当の意味で大切なものではないって思ってください。

 

地球が回ってるせいにして、楽にいきましょう。


地球がくるくる回って そしたらみんな目が回って 大切な人とぶつかってしまう きっとそれは ぶつかったその先の答えを 見つけ出すためだから

出典:Uta-Net

大切な人とぶつかるのも地球のせい。

だから仕方ないんです。

でもぶつかるからこそ、その先の答えが見つかって、より良い関係になっていく。


そう考えたらぶつかることって必要なことなんですね。

ぶつかることは地球のせいにして、気落ちせず楽にいきましょう。

3.fruits

まだリリースされていないので、Shortバージョンです。

3/27のリリースが楽しみです。


この曲は坂口有望さんが憧れる「チャットモンチーの橋本絵莉子さん」がギターを担当しているそうです。

あこがれの人が弾いてくれる音で歌えるって幸せですね。

今まで努力してきたからこそ得られた幸せですね。

これは夢に向けて一歩ずつ歩いて行こうという曲。

君ならば 僕らならば きっとやれる気がした 絶体絶命の困難も 乗り越えられた 歩んできた道が見えないのは 越えてきた壁があるからさ

出典:UtaTen

このサビがすべてを物語っています。

今までいろんな困難を乗り越えてきたんだから、自信を持っていきましょう。


そんな今までの困難や経験は見えなくなって忘れて、自信を持てない人もいるかもしれません。



でも見えないのは越えてきた壁があるからなんです。

今までの困難や経験が見えない時は、もう越えたとき、越えたという証です。

その事実に自信を持って今ある困難も乗り越えていきましょう。

これからが楽しみ

高校を卒業して、環境が変われば心境も変化しますよね。

これからの曲がどんな風に進化していくのか楽しみでなりません。

 

でも今は3/27リリースの1stミニアルバムが非常に楽しみです。

みなさんも一緒に待ち焦がれましょう。

 

もしかしたら、また記事にするかもしれないのでお楽しみに!