【孤独】自分を変えたいなら一人の時間を大切にすべき2つの理由

はいどうも、たくま(@wakutakublog)です。

 

 

一人でいることに不安を感じていませんか?

 

僕は小さい頃から一人の時間が好きで、気分が乗らない誘いは断っていました。

もちろん友達と一緒にいる時間も好きですが、それと同じぐらい、それ以上に一人の時間も好きなんです。

 

 

ただ、この世の中には一人で居づらい空気感があるじゃないですか。

 

「一人焼肉」・「一人カラオケ」という言葉があるように、一人であることは特別扱いされるわけです。

外にいる時だけじゃなく家にいても、SNSで友達が集まって楽しんでいる様子が流れてきます。

 

こんな状況では一人でいることに不安を感じるのも仕方がないですよね。

 

 

でも、僕は「一人の時間を作ること」「一人でいること」に大きなメリットを感じています。

 

そこで今回は、「一人の時間を大切にすべき理由」について紹介していきます。

この記事を読んで、一人でいることに対する不安を無くしちゃってください。

 

たくま
たくま

自信に満ちた一人の時間を!

自分を見つめ直せるのは「一人の時間」だけ

一人の時間は「自分を見つめ直す時間」なんです。

 

友達といる時、あなたの眼に映るのは目の前にいる友達ですよね。

誰かと一緒にいるということは、常にその人に意識が向かっているということです。

 

「あの人は今どんな気持ちなんだろう。」

「なんでそんなこと言うんだろう。」

「何をしたら喜ぶかな。」

みたいに。

 

 

もちろん、こうやって人のことを考えるという行為は、人を思いやる気持ち、周囲に合わせる協調性が生まれます。

 

ただ、そんなことばかり考えていては、息苦しくなってくるはずです。

だって自分より他人を優先しているんですから。

 

たくま
たくま

もうちょっと自分を大切にしよ…。

 

だから一人の時間が必要なんです。

 

一人でいるとき、あなたの眼には誰も映りません。

それは跳ね返って、自分を見つめられるようになるんです。

 

 

一人の時間というのは、何をしていても自分を見つめ直す時間なんです。

考え事をしていても、本を読んでいても、趣味に没頭していても。

 

一人でいれば、「あ、自分ってこれも好きなんだ。」「この本のこの登場人物に共感する自分は、この人に似ているのかも。」「最近はいろんなことに手を出してたけど、一番好きなのはこれだな。」とか。

 

 

一人でいる時間すべてが、自分について考える時間になるんです。

 

だからこそ、一人の時間を大切にしてみてはいかがでしょう。



 

成長は「一人の時間」にしかできない

一人の時間は成長する時間。

 

もちろん、人に会うことで自分にはないアイデアや考え方に触れることができます。

これは成長には欠かせない要素だし、僕もそんな時間が好きです。

 

ただ1つ注意すべきは、人のアイデアや考え方を聞いたところで成長はしないということ。

聞くだけでなく、それらを吸収し腑に落とし込み、自分の血肉にすることで成長になるんです。

 

 

例えば、スティーブ・ジョブズの点と点を繋げるという話。

これを聞けば、「なるほど、確かにそうだな!」となる人は多いでしょう。

ただ、この話はあくまで彼の人生にすぎません。

これを自分の人生に活かすには、「自分が今までに作ってきた点って何だろう。」「これからどんな点を作っていこう。」みたいに自分で考えないといけません。

 

たくま
たくま

聞いて満足しないように!

 

そしてこれができるのは、一人の時間です。

 

上で書きましたが、誰かといればその人に意識が向いてしまします。

だから、一人の時間を作って、得た知識やアイデアを自分の血肉にしていくことが大切なんです。

 

一人の時間を大切にしよう

今回は「一人の時間がいかに有益な時間か」というテーマで書いてきました。

 

ここまで読んでくれた方は、一人の時間は「自分を見つめ直す時間」・「成長する時間」ということを理解してもらえたかと思います。

 

 

今までは一人でいることに不安を感じていた人も、これを機に自信満々に一人に時間を過ごしてみてください。

 

たくま
たくま

それでは良いお一人ライフを!