白米はもう時代遅れ!?オートミールは健康成分の塊

ツール・モノ
スポンサーリンク

はいどうも、毎日朝ご飯はオートミールのたくまです。

 

みなさん、朝ご飯はパン派?ごはん派?

もちろんオートミールですよね。

 

「何それ?」って?

時代についてきましょう。

 

 

今日はオートミールがどんなものなのか解説していきます。

 

最後にオートミールの簡単レシピもあるので最後まで見てね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

オートミールの栄養価~白米との比較~

可食部100グラムあたりの栄養素(成人男性18~29歳を基準とした摂取目安量に対する割合)

・エネルギー:380kcal(約14%):白米の1.06倍
・タンパク質:13.7g(約23%):白米の2.25倍
・脂質:5.7g(約19%):白米の6.33倍
・炭水化物:69.1g(約98%):白米の0.89倍
・食物繊維:9.4g(約50%):白米の18.8倍
・カルシウム:47mg(約5.8%):白米の9.4倍
・マグネシウム:100mg(約30%):白米の4.35倍
・リン:370mg(約34%):白米の3.89倍

参照:文部科学省 第2章 日本食品標準成分表文部科学省検定済教科書

 

見てもらえればわかるように、

エネルギーや炭水化物はほぼ同等の値ですが他の栄養素は圧倒的に白米を上回っています。

 

オートミールがダイエットに効くって本当なのか

オートミールがダイエットに良いって聞きますよね。

その割に100gあたり380kcalも入っているのに疑問を抱く人も多いんじゃないかな。

 

最近はゼロキロカロリーの食品もあるのにって。

 

 

カロリーは白米と同等でも、ダイエットに良いとされる理由は、

オートミールが低GI食品であるからなんです。

 

低GI食品と言われても、「何それ?」ですよね。

 


まずGIとは「食品が持つ糖質の吸収度合い」のこと。

 

これが低いということは、糖質を吸収しにくい食品ということです。

 

 

人間の体は急に糖質を吸収すると、血糖値が上昇します。

この血糖値を下げようと膵臓からインスリンが分泌されるんです。

 



このインスリンは血糖値を下げるとともに、脂肪を作ってしまいます。

なので、低GI食品は、糖質の吸収がゆっくりのため、インスリンの分泌量も減ります。

 

その結果、脂肪が作られる量が減ります。

 

 

これがオートミールがダイエットに良いとされる理由なんですね。

 

 

ただ僕はダイエットなんてしたくなくて、

健康的に太りつつ筋肉をつけたいのでその方法も勉強します。

 

 

ちなみに先ほど出た0カロリー商品は健康に悪いし痩せない、

むしろ太ると言われているので注意してくださいね。

 

これについては、もうちょっと勉強したら記事にするのでしばしお待ちを。

 

オートミール簡単レシピ

僕が毎朝、食べているオートミールレシピを紹介します。

 

これはOvernight Oatmealと言い、夜に準備して冷蔵庫に入れておくだけで、

朝に食べられるという簡単レシピ。



用意するもの

・オートミール:1カップ
・アーモンドミルクor無調整豆乳:1カップ
・ヨーグルト:スプーン3杯
・はちみつ:お好みで
・果物(みかん/バナナ・・・):1個



これを一つの容器(瓶など)に入れて混ぜるだけ。

果物は朝に入れるのもありです。

 

僕は朝に食べるだけがいいので、夜に全部入れちゃいます。

 

 

このレシピのいいところは、果物を変えるだけで飽きずに続けられるところ。

 

僕はこの前、微糖コーヒーを買ったら想像以上に甘かったので、

飲むのをやめてオートミールに入れました。

 

そのときは、コーヒーをアーモンドミルクの代わりにして、甘いので蜂蜜はなし

さすがにミカンは合わないかなと思い、バナナに。

こんな感じで色んなアレンジができるので定番の作り方としておすすめのレシピ。

ちなみに今僕は一ヶ月間家を離れているのですが、それでもこうしてZiplocに入れて持って行きます。

朝からおなかが満たされると幸せな気分になれます。

オートミールで健康的な朝ご飯を

オートミールが持つ豊富な栄養素を理解していただけたら、

今日の夜に用意して、明日の朝からオートミール朝食を始めてみませんか?