【内向的な人へ】自分を受け入れられない理由〜エモいnoteを読んで楽になろう〜

メンタル
スポンサーリンク

はいどうも、たくま(@wakutakublog)です。

 

僕は外交的な人に憧れる内向的な人間です。

おそらくこの記事を開いたあなたも内向的でしょう。

 

「自分を好きになれない・受け入れられない」

という悩みを持っている人っていますよね。

 

僕はそういった人たちは内向的な人だと思っています。

だって外交的な人はおしゃべりなのに、そんなこと一言も言いません。

内向的な人は口には出さないけどそう思っているんだと、勝手に判断して今書いています。

たくま
たくま

事実として僕がそうなんです!

 

内向的な人・外交的に振舞っているけど内向的な人、
そういう人が「自分を好きになれない・受け入れられない」といった悩みを抱えているような気がしています。

 

なので今回は、「内向的な人が少しでも自分を受け入れられるようになるための秘訣」を紹介していきます。

 

結論を言うと、「自分だけじゃない」と理解することです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

内向的な人が自分を受け入れられないのには理由がある

なんで内向的な人が自分を受け入れるのが苦手か考えたことがありますか?

 

これって意外と単純で、「悩みやコンプレックスを自分だけだと思っている」からなんだと思います。

自分以外にも多くの人が同じような悩みを抱えていると知ったら、「なんだ、みんな同じか」って思えてきそうじゃないですか?

 

じゃあなんで内向的な人が「この悩みは自分だけなんだ」と思ってしまうんでしょうか。

 

これも実に単純な理由だと思っていて、「言葉にしないから」じゃないでしょうか。

外交的な人なら悩みがあってもあっけらかんと周りの人に軽い気持ちで話しているような気がします。

悩みを言葉にしたら、聞いた友達が共感してくれることもあるでしょう。

そうやって「お前も思ってたんか!」みたいに自分だけじゃないことに気づいていきます。

でも内向的な人はなかなか悩みを口に出しません。

だから勝手に、こんな悩みを持っているのは自分だけだと勘違いをして、「自分はダメだなぁ」と思ってしまいがちです。

 

内向的な人は悩みを口に出さないから共感者がいないと思ってしまう。

 

言葉にしないのが原因だからとは言え、「じゃあ周りに話してみよう」と行動できる人は少ないと思います。

そこで、内向的な人が簡単に実行できる一つの方法を紹介します。

自分を受け入れるには「エモいnote」を読もう

僕は少し前までnoteというものを知らなかったんですが、内向的な人には正直めちゃめちゃオススメです。

なんで内向的な人にnoteをオススメしたいかというと、あなたが口にしていない言葉をすべて綴ってくれているからですね。

 

内向的な人は口にしないけど悩みを持っていたり、言語化できないけどモヤモヤすることがあると思います。

実際、僕は「悩みがあるか?」と聞かれれば「そんなに無いかな。」と答えてしまいますが悩みやモヤモヤが無いわけではなくて、言語化できないだけなんです。

内向的な人なら共感してくれる人も多いんじゃないかな。

 

で、そんな「言語化できない悩み」「口にしていない悩み」を全て書いてくれているのがnoteなんです。

 

だから、思いを綴ったようなエモいnoteを読むことで、今まで言語化できなかったモヤモヤが「そう、それそれ!」って感じで明確になるんです。

そして今まで口にしてこなかったから、自分一人の悩みのように感じていたものが、「自分だけじゃない、みんなも思ってるんだ」と思えるようになります。

 

noteを読めば、口にせずとも同じような悩みを持った人が見つかる

 

悩みを解決することももちろん大切なんだけど、悩みを持った自分を受け入れることも同じぐらい大切です。

ありのままの自分を受け入れるためには、「みんな同じ」と思うことが近道だと思います。

 

だからこそ、同じような悩みを綴ってくれているnoteを読むことがオススメなんです。

たくま
たくま

内向的な人はエモいnoteを読んで、少しでも自分を受け入れましょう!

内向的な人が自分を受け入れられないのは仕方ないこと

ここまで書いてきて、内向的な人が自分を受け入れられないのは仕方ないことなんだと思います。

 

でも、少しづつ受け入れられるようになります。

 

だからまずは、その悩みは自分だけじゃないってことを理解して、言わないけど周りも思ってるんだなと気を楽にしてみてください。

最初は仕方ないことなんで、それ以上落ち込んだって意味がないですから。

おまけ:自分を受け入れるための「エモnote」の紹介

「内向的な人にはエモいnoteを読んでほしい」と書いてきましたが、じゃあどんなnoteを読めばいいの?と思う方もいるかと思います。

なので、内向的な僕がオススメのnoteを紹介していきます。

たくま
たくま

同じように考えている人もいるんだなと思えれば少しは楽になると思うので、見ていってね〜!

ゆぴ(17)17歳クリエイター

迎合なんてするなよ|ゆぴ(17)17歳クリエイター|note
昔、かなり我が強めな友だちがいた。 18:30まで限定で見られるコンテンツがあるとか何とかで、部活帰り、早足で家路を歩かされたのを覚えている。 わたしは早足で歩くのが嫌いだし、今だったら「いや、自分ひとりで帰れや」と突っ込んでしまうだろう。 でも、当時は言えなかった。 嫌われたくなかったからだ。 今のはちょ...
わたしたちは明るい人にはなれないけれど|ゆぴ(17)17歳クリエイター|note
根が暗い。 何を言いだすんだという話だけど、根が暗い。 人の集まる華やかな場所は憧れはするけれど、勇気を出して行ってみてもドキドキして会話がすっ飛ぶ。家に帰ってひとり反省会をする。 会議中にすばらしいアイデアが思い浮かぶ。しかし、議論が白熱している。邪魔をしてはいけないと、口の中で言葉を転がす。そのうちに他の人...
「内気」も「緊張しい」もあなたのせいじゃなかった|ゆぴ(17)17歳クリエイター|note
最近、コーチングや心理学に触れるようになって、びっくりすることがいっぱいある。 何って、自分が今まで「なんでだろう?」と散々ひとりで悩んで苦しんできた不思議なことに、ちゃんと理由があることがわかったからだ。 例えば、わたしは人の輪のなかに入るのがものすごく苦手だし、4人以上になるとうまく話せなくなってウンウンと相...

ななみ

逃げなのか歩みなのか|ななみ|note
 私は今、前に進んでいるのか。 それとも逃げているのかいまいちわからない。 そもそも逃げることが、後ろに進むことだとも言い切れない。今あるものから逃げることで、新しいところに行けるのなら、それは前に進んでいるのかもしれない。  でも、私は今、進んでもいなければ、後退もしていない。 同じところでぐるぐる回っているだけ...
「生きたくない」が毎日襲ってきた|ななみ|note
 ただの備忘録として書こうと思った。 ずっと蓋をして、誰にも知られないようにしてきたこと。  自分で言うのもなんだけれど、ずっと優等生だったと思う。 先生が言うことは正しいと思っていたし、宿題はするものだったし、授業は受けるものだった。世の中に疑うものが本当になくて、全部「そう言うものだから」だと思っていた。だから...
ほんの少しの。|ななみ|note
エネルギーが足りない日、ある。 いろんなことにイライラする日、ある。 よくわからなくなる日、ある。 そんな日は、意外と普通にある。特に、消耗するだけの日が続くと。 朝起きて、ご飯を食べて、着替えて学校に行く。朝から4時間、昼から3時間授業を受ける。放課後もなんだかんだ予定があって、夜は予習やミーティング、自分の時...

その他

ずっと憧れていて、ずっと追い求めてきたものの正体が今ようやくわかった|Konoha 02|note
図書館で感じた、毒親育ち的な揺らぎと欠落感。 しかし真に追求すべきものとは何か。ずっと憧れていた人たちが本当に表現していたものとは何だったのか。 前回の記事(大学時代の友人のツイッターを数年ぶりに見て覚えた劣等感と、前に進む意志)からの流れを汲んでいるので、未読の方はそちらから読むことをおすすめします。面倒だっ...
具現化しきれない感情があるよって話|わたげ|note
最近、言葉が詰まる。ということが前にもまして増えてきた。 私は、口下手な方ではないと自負しているのだけれど(だからといって口上手なわけではなく。)それはとても表面的な会話の時であって、そういう時は大抵 言葉が先行して考えを巡らせる場合が多い。 この場合、言葉が考えを支配しているから、人に伝える時にそう苦労はしな...
https://note.mu/_kicchan25/n/n286c6d5e2026?creator_urlname=_kicchan25