音楽で自己啓発をしたいなら「MOROHA」を聴け。

音楽
出典:AMAZON
スポンサーリンク

はいどうも、たくまです。

 

 

平凡な毎日に飽き飽きしていませんか?

・自分を奮い立たせてくれる何かが欲しい
・熱い音楽が聴きたい

 

今日はそんな方に向けて、音楽ユニット「MOROHA」を紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「MOROHA」ってなんぞや。

MOROHAは二人組の音楽ユニット。

ボーカル「アフロ」の情熱的な詩と歌、アコギ「UK」の繊細な音が特徴的なグループです。

 

 

まあそんなことは、どうでも良くて、

MOROHAの何が良いって、「熱くてかっけえ」ところですね。

たくさんの素晴らしいアーティストがいますが、MOROHAほど「熱い」「かっけえ」が似合う者は知りません。

 

 

もうとにかく、「熱い男のかっこよさ」みたいなのを体現しています。

MOROHAを聴いたら即奮い立つこと間違いないでしょう。

 

 

ではでは、おすすめの曲を紹介していきます。

 

革命

MOROHA結成10周年記念で作られたMVなので、元と少し違いますがどうぞ。

MOROHA「革命」MV(監督:行定勲 MOROHA BEST〜十年再録〜より)

これだけ聞けば十分なぐらい最高な曲です。

 

今が終わることを自覚しろ

今年こそ? 来年こそ? 何年生きれるつもりで生きてきたんだ

今日が終わる いや今が終わる そう思えた奴から明日が変わる

当たり前ですが、人生には時間の制限があります。

 

でも、この制限を意識して生きていますか?

 

 

人生には限りがあるということ、人生における「今」は今その瞬間しかないということ、

これを感じられた人から明日が変わってくるのです。

居場所はいつまでも原点

俺等は俺等の道を行くだけ

俺は生きているって感じていたい 俺はここにいるってわかって欲しい

居場所はいつまでも原点 その点をでかくしていくだけ

環境が変わっても、自分の居場所は変わらない。

 

 

そうそれは自分達の道、夢の原点。

 

自分の居場所はその原点であり、変化があったということはその点が大きくなった証。

 

自分だけは夢に自信を持とう

今まで恥ずかしかった事 夢や希望真顔で語った事

今まで恥ずかしかった事 あいつ痛い寒いと言われた事

今まで恥ずかしかった事 身の程を知れって言われた事

何より恥ずかしかった事 それを恥ずかしいと思った事

「出る杭は打たれる」そんな世の中ですよね。残念ながら。

 

だから夢を語るのも恥ずかしく思うし、夢を語っても馬鹿にされて余計に恥ずかしくなる。

 

 

でもそれより恥じるべきは、恥ずかしいと思ってしまっている自分。

 

自分が自分の夢を恥ずかしいと思ってしまったらもう終わりです。

絶対に叶いません。

 

 

夢は自由に、恥じることなく叶えていきましょう。

 

上京タワー

MOROHA「上京タワー」MV

振り向くな

「忘れ物はねえか? 保険証は持ったか? 夢は?

そうか…じゃあもう振り向くな。

闘って、天下取って来い」

ここが刺さる。

前だけを見て、振り向かず闘おう。

 

才能なんていらない

寝て天国より起きて地獄 休まんウサギがザラにいる 亀の俺 眠っててどうなる?

迷わない俺は勇気ある俺だ 迷ってる俺は真剣な俺だ

誰でもできるを 誰よりもやる 

それ以上のドラマなんていらねぇな

何かを頑張るとき、迷うこともありますがそれは真剣である証。

誰でもできることをやっても仕方ないと思うこともあるでしょう。

 

 

でもそれを誰よりもやる、誰にもできないほどやる、これが大切です。

 

特別な才能がなくてもできることなので、なにも才能がないなんて思っている方はこれを意識したらいいと思います。

 

継続する、人の倍やるとかなんでも良いんです。

三文銭

MOROHA「三文銭」MV

アフロさんの顔から溢れ出る汗を見たらMOROHAの「熱さ」が伝わると思います。

 

余裕が無くても、人生は贅沢に使いたい

六畳一間ひろがる歯ブラシ 炊飯器三日目の黄色い飯は不味い

貯金ゼロその日暮らし それでも網戸の向こう夕日は眩しい

水道はわりと止まらない 電気は止まるが元気があれば

哲学より節約の日々ですが 授かった命ぐらいは贅沢に使いたい

部屋は六畳一間、歯ブラシも使い古してボサボサに広がっている、貯金もないし電気は止まる。

こんな余裕なんて全くない生活だとしても、太陽だけはいつだって照らしてくれています。

 

 

生活は節約の日々だとしても、命ぐらいは贅沢に使っていいんです。

 

これは人間の権利だなと感じました。

 

誰にも命の使い方を指示する権利はないし、

どれだけ苦しい生活でも、せっかく授かったのだから自分のやりたいように命は使うべきです。

 

身近な評価に目を向けよう

これは映画やドラマじゃないから 赤絨毯は約束出来ない

制作費はペンとA4ノートのみ これでアカデミー賞越える栄誉を狙う

本日もあなたの人生にノミネート 欲しいのはオスカーなんかじゃない

「あたしMOROHAもっと聞きたい」 そんな声 もっともっと聞きたい

赤絨毯はアカデミー賞のレッドカーペットですね。

 

これは音楽だからアカデミー賞は狙えないけど、僕たちにはアカデミー賞を超える栄誉があるんです。

 

 

それは「MOROHAをもっと聞きたい」という声。

 

つまり名誉ある評価より、身近な伝えたい人の声を大切にしよう。

 

夢を待つ者は輝かない

DREAMはCOMEしてTRUEにならず

DREAMはGOしてTRUEにしていく

叶う叶わぬは別 それさえあれば人は輝く

夢は何もしなければ叶わない、自ら叶えに行くもの。

 

 

でも、行動してもかなわない時だってあります。

そんなのは関係なくて、叶わなかったとしても夢に向かって行動している人は輝いています。

 

 

その輝きに自信をもって、GOしましょう。

 

前だけを向いて突き進むしかない

テレビじゃなくてラジオでもなくて あなたの口元からこの曲が流れた時に

ほんの僅かだとしても世界を変えたと胸を張れる  ~~省略~~

頑張りだけじゃ足りないとしたって 頑張ることしか出来ない同士達へ

自分を客観視なんてすんな 俺たちの目はここについている

頑張るだけではダメだと思っても、頑張ることしかできない時ってあると思います。

 

そんな時、周りの目を気にすると「何をしているのか」「何のためにやっているのか」分からなくなってしまいます。

 

 

そこで、自分で自分を客観視なんてしてしまえば、落ち込むだけです。

 

客観視するための目なら、自分には付いていないはずです。

 

前を向くために自分に付いているのだから、前を向いて突き進もう。

 

大御所への挑戦状

あぐらかく大御所はちゃっちゃと消えろ

あんたが来た道の長さや成してきた事を 「言葉の重み」だって言うんだったら

俺は行く道の長さや目標の高さを 言葉の輝きと呼んでやるから 

若いとも言われたし青いとも言われた

だからなんだ?てめぇさっさと構えろ さぁ勝負だ 今 時代に風を吹かす

今やりたいことがあったとしても、そこには先人が居ることが多いですよね。

 

でもその大御所たちの中には、立場に甘えてあぐらかいている人もいます。

 

 

「言葉の重み」は無くても、未来を見る輝きは持っています。

 

そこで大御所と戦うんです。

 

「重み」VS「輝き」

 

「MOROHA」を聞いて、さぁ勝負だ

夢を追いかけて諦めそうなとき、「MOROHA」を聞いてみてください。

きっといい方向に心が動くはずです。