【寝袋とヨガマットで寝る】ミニマリストが考える本当に心地よい寝具4点

どうも、たくま(@takuma_minimal)です。

「もうベッドは買わないな。マットレスに変えることもないだろうな」

寝袋とヨガマットで寝る生活をはじめて6ヶ月ほど。今はそう感じています。

ミニマリスト歴2年ほどの僕ですが、以前は「マットレスと布団だけは絶対に手放さない…!」と思っていました。

正直、寝袋生活のミニマリストを見て「やりすぎだろ…辛そう。」とすら思うほど。

そんな僕が今では、ヨガマットの魅力に取り憑かれてしまいました。

そこで今回は「寝袋とヨガマットで寝ることに満足している理由」と「おすすめのアイテム」を紹介します。

たくま

騙されたと思って1回試して欲しい…

目次

【ベッドで寝ない理由】ミニマリスト的「寝袋&ヨガマット」で寝る理由

僕が「寝袋とヨガマットで寝る」ことに満足している理由は主に以下の3つ↓

  • ズボラでも清潔に保てる
  • 二度寝しなくなる
  • 4畳半に住めて家賃節約になる
たくま

コレらを実感したら、もうマットレスと布団には戻れない…

【ズボラでも清潔に保てる】拭くだけ&丸洗い

正直「この理由がすべて」と言っても過言ではないです。

布団、洗っていますか?マットレスの手入れもちゃんとしていますか?

答えが「NO」の方はぜひこのまま読み進めて下さい。(もちろん僕はNOでした)

特に以下4点どれかに当てはまる方は要注意↓

  • マットレスにカビが生えている
  • 布団を1ヶ月以上洗っていない
  • じめじめ湿気った臭いがする
  • マットレス下の床が黒ずんでいる

ココだけの話、以前の僕はすべてに当てはまっていました。

ズボラすぎる僕ですが、ヨガマットと寝袋なら清潔に保つことができるのです。

ヨガマットと寝袋の手入れ方法はこちら↓

  • ヨガマットはウェットティッシュで拭くだけ。
  • 寝袋は洗濯乾燥機で丸洗い
たくま

素材的にダニが減るのもメリットですね

【二度寝しない】本能に従い眠って起きよう

これは予想していなかったメリットですが、二度寝しなくなります。

なぜかと言うと、睡眠の質は変わらないですが “ふかふかの気持ちよさ” がヨガマットにはありません。

なので「もっとゴロゴロしていたい」という欲求が生まれないのです。

「目が覚める = 本能からの睡眠完了の合図」だと思っているので、二度寝しなくなるヨガマット生活は最高。(活動時間爆増)

目覚めた時間にスッと起きて、二度寝しないから夜も早く眠れて、素晴らしいループに入れます。

たくま

最近は4時に起きて23時に寝てる

【家賃節約】コンパクトなので4畳半に住める

超コンパクトに収まる寝具たち

圧倒的私事ですが、4畳半1Rの部屋にはマットレスなど置けません。つまり強制的にヨガマット生活になったわけです。

言い換えると、寝袋とヨガマットで寝る生活を始めたからこそ、4畳半の極狭物件に住めたということ。

そして部屋が狭くなれば家賃は下がりますよね。

というわけで「ヨガマットで寝る→4畳半でOK→家賃を抑えられる」の図示が成り立つわけです。

家賃目的でなくても、立地や築年数など他の条件を追求できるようにもなります。

たくま

僕は都心の築浅物件に5.5万円で住めています

【僕の寝具】寝袋とヨガマットで寝るミニマリストの睡眠環境

コレが僕の寝具たち

それでは4つの寝具を紹介していきます。

特にヨガマットと寝袋は慎重に選ぶ必要があるので、参考になれば嬉しいです。

【ヨガマット】マットレス?いやいやヨガマットです。

上で書いてきた通り、ヨガマットがマットレス代わりです。

マットレスと比較したヨガマットの魅力↓

  • 重量:410g(マットレスなら3kg)
  • 収納サイズ:51×15×13cm(マットレスなら95×65×15cm)
  • 手入れ:ウェットティッシュで拭く(マットレスならカバーを外して洗濯)
  • 寝心地:可もなく不可もなく(マットレスは気持ちよくて二度寝しがち)
  • 睡眠の質:最初は下がるが、1週間ほどでマットレス時と変わらなくなる。

正直、デメリットは「ヨガマット生活初期は眠りが浅くなりがち」という1点だけです。

僕は最初の4日ほど、まだ眠いのに3時間で目覚めてしまったりしていました。その時は二度寝していましたね。

でも1週間ほど続ければ、ぐっすり眠れて快適な起床を迎えられます。

ここで「睡眠用ヨガマットの選び方」を3点紹介↓

  • すぐにペチャンコにならない耐久性
  • 「丸めるタイプ」ではなく「折りたたみタイプ」が収納はラク
  • 銀色の面がある

結論は『THERMAREST(サーマレスト)』1択です。

実は最初CAPTAIN STAG『キャプテンスタッグ)』を買ったんですが、1週間も保たず腰部分がペチャンコになりました。

そのまま1ヶ月使い続けましたが、もはや床同然の状態。

その後『THERMAREST(サーマレスト)』に替えてから5ヶ月ほど使い続けています。安いヨガマットに比べると3〜4倍の価格ですが、結果的にコスパは良いですね。

現状の潰れ具合はこんな感じ。まったく潰れないわけではないです。

そして銀色の面は断熱効果があるので、夏は銀面を床側に、冬は銀面を体側にしましょう。

たくま

今はサーマレスト以外考えられない…

【寝袋】掛け布団?毛布?いやいや寝袋です。

掛け布団もかさばるので、寝袋で代用しています。

寝袋の魅力は「家の洗濯機で丸洗いできる」という点。

布団だとコインランドリーの特大洗濯機、もしくは天日干しのみですよね。

そして布団カバーの付け外しも面倒くさい。

寝袋ならそのまま洗濯機にツッコんで、洗濯から乾燥まで手間いらずです。

寝袋選びのポイントは以下の3点↓

  • ダウンではなく、洗濯機OKの「化繊」
  • 寝返りしやすい封筒型
  • チャック付きでフルオープンにできる

僕が愛用しているのは『Cozyone 950g』の寝袋です。

Cozyone 寝袋 シュラフ封筒型 軽量 950g/1.4kg/1.8kg 春夏秋冬
Cozyone

ゆとりある幅75cmなので寝返りOK、さらに化繊なので洗濯機OKです。

そして、横と足元にチャックが付いています。
「ちょっと暑いな」と思えば足元を開放したり、
夏はフルオープンにして掛け布団スタイル。
たくま

冬は寝袋を二重にしてもいいかも

【タオル】枕?いやいや丸めたタオルです。

枕は使わず、フェイスタオルを丸めて代用しています。

やはり枕も清潔に保つことができません。(ズボラすぎて笑えない…)

枕カバーの付け外しすら面倒くさいし、気付いたら枕がナゾに赤くなっています。

でもタオルなら、洗濯機にブチ込むだけ!

枕にしたタオルは朝シャワー後に使い、そのまま洗濯機に入れています。

たくま

何も考えずにキレイな枕(タオル)で寝れる幸せ…

【アイマスク】目を強制的に閉ざすアイマスク。

これは代用ではないですが、アイマスクは個人的必需品です。

寝る前にスマホ見ていませんか?YouTube見ちゃいますよね。

この問題を解決するのがアイマスク。

「寝床についたらアイマスクをする」これだけでスマホを見ることがなくなります。

やはり “アイマスクを外す” という一手間は「スマホ見たい欲求」を減少させますね。

あと、真っ暗の方がぐっすり寝れる気がしています。

たくま

旅行にも使えるけど、家でもぜひ使ってみて

【寝具のミニマリスト化】寝袋とヨガマットで寝てみよう。

正直「辛そう。ちょっとやりすぎ…」と思っていた “寝袋とヨガマットで寝る生活” 。

今では「一人暮らしを続けている限り辞めることはない」と思っています。

8畳の広い部屋に引っ越したとしても、ベッドが置けるとしても、ヨガマットで寝続けるでしょう。

だって、マットレスを清潔に保てないことを、心の底から理解しているのですから。

僕のようなズボラ人間の方は一度「寝袋&ヨガマット生活」をお試し下さい。

1週間後にはその快適さに気付くはずです。

たくま

以上、ミニマリスト的本当に心地よい寝具でした!

Cozyone 寝袋 シュラフ封筒型 軽量 950g/1.4kg/1.8kg 春夏秋冬
Cozyone

\Instagramも投稿してます!/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる