【体験談】マレーシア留学の前に知っておくべき7つのマレーシア事情

はいどうも、たくま(@wakutakublog)です。

 

「これからマレーシア留学に行くけど、何も知らないから不安・・・。」

「留学先に迷ってるけど、マレーシアってどうなの?」

 

そんな悩みを抱えていませんか?

 

僕も留学がマレーシア初入国で、行く前は「どんな感じなんだろう・・・。」といろいろ考えていました。

海外が初めての方だともっと不安も大きいですよね。

 

そんな方に、体験談を踏まえて「マレーシア留学の前に知っておくべき7つのマレーシア事情」を紹介していきます。

たくま
たくま

これを読み、心の準備をして充実した留学生活を送ってくださいね~!

意外と知らないマレーシアの7つのこと

・寮は悪くないが良くもない
・人が良すぎる
・雨季は想像以上
・食生活は地域によって差が激しい
・費用は基本かなり安いが例外も
・英語の癖が強いんじゃぁ
・英語が通じない現地人も

このリストを見ると、「マレーシア留学、なんか微妙じゃね?」って思うかもしれませんね・・・。

でも、最後まで見ていってくださいね。

たくま
たくま

僕はマレーシアで良かったと思っているので!(←ココ重要!)

マレーシア留学で知っておくべきこと①「寮は悪くないが良くもない」

僕が生活をしたのは、ホームステイではなく寮でした。

他国からの留学生もみんな寮だと言っていたので、マレーシア留学=寮生活と思っていいかもしれませんね。(留学エージェントを見てみたらホームステイもありそうです。)

 

僕が生活をしていた寮の様子を紹介しいきます。(写真があれば良かった・・・。)

 

結論から言うと、「悪くない、良くもない」です。

とは言え、海外に慣れている人なら全然快適に暮らせるレベルでした。

 

・シャワールーム(トイレもある)は結構せまい。
・温かいお湯は出ない(ぬるいぐらい)
・部屋によっては水しか出ない(部屋を変更していた)
・エレベーターが止まり、1度閉じ込められた(力尽くで開けようとしたら意外とあっさり)
・敷地内にはネコがいっぱい(ネコ好きにはたまらない)
・自炊はできない(レンジ・ポットしかない)
・エアコンの不具合も多々あり
(温度変更ができない・水が垂れてくる)
・門限はない
(ガードマンはいるけど何も言われない)

ざっくりあげるとこんな感じです。

 

「不満ばっかだな・・・。」と思われるでしょうが、慣れれば全然気になりません。

 

狭いのも慣れますし、ぬるいシャワーで生活することで帰国後の熱いシャワーを幸せに感じられます。自炊しなくても、外食が安いので気にしません。個室のエアコンが調子悪くてもリビングだけ付けておけば、個室のファンを回せば快適に生活できます。

(帰国間際の1ショット)

 

ただ、他国の留学生が住んでいた寮は結構ヤバかったらしいです。

・エアコンはない。
・シャワーはもちろん冷たい水。
・門限があり、時間を超えそうな場合は書類を書いておく必要がある。
・部屋自体が結構せまい。

こんな感じだったそう。

くそ暑いマレーシアでエアコンがないのはかなりしんどい・・・。

 

僕の大学は「日本人が住めるのはココだけだ。」と判断して選んでくれたそうです。

たくま
たくま

拝啓、大学様
ありがとうございます本当に。

マレーシア留学で知っておくべきこと②「人が良すぎる」

マレーシア人の6割ぐらいがイスラム教の人たちです。(僕が通っていた大学は9割がイスラム教でした。)

 

「イスラム教って怖そう・・・。」

そんなイメージを持っている日本人も結構多いんじゃないでしょうか。

どうですか?

 

そんな方に伝えたいのは、

「イスラム教の人たち、マジでいい人。」

これだけです。

 

あ、もちろん宗教とか関係なく、みんないい人です。

 

なぜかイスラム教を敬遠している人が多いので、伝えておきます。

イスラム教の人って日本人に似てるところが多いんです。

 

日本人は道徳として、親切にしたり、おもてなししようとしたりしますよね。

イスラム教の人は神の教えとしてこれらを行っているんです。

だからみんな親切で優しくて、なんでも手伝ってくれます。

もう優しすぎ~~!って感じです。

 

イスラム教を勝手に敬遠しないで!



マレーシア留学で知っておくべきこと③「雨季は想像以上」

僕が行った時期が9月~1月と、雨季の真っ最中でした。

この時期に行こうとしている方、気をつけてくださいね。

 

楽観的な僕は、「雨季なんて梅雨みたいなもんだろ」と思っていました。

しかし!

雨季は想像を絶するものでした。

 

「雨が降らない日はない」
「しかも豪雨」
「雷が鳴らない日はない」
「しかも落雷レベルでうるさい」

実際、こんな感じでした。

(晴れてると夕日はきれい。)

 

毎日のように、ゲリラ豪雨が襲ってきます。(16時頃に多い印象)

雨が降って無くても雷は光り続け、

定期的に恐怖を感じるほどの雷が落ちます。

 

折りたたみ傘は持って行こう!

マレーシア留学で知っておくべきこと④「食生活は地域によって差が激しい」

僕が行ったのは「シャーアラム」という町で、クアラルンプールの隣にある町です。

 

ココは、完全にイスラム教の町でレストランもイスラム教の食べ物ばかりです。

なので豚肉やアルコールはなく、鶏肉かラム肉しかありません。(これほど「チキン」と言ったことは無いです。)

 

しかも結構ジャンキーなんですよ。

フライドチキンにマヨネーズとチリソースみたいな。

ほかにも、「ロティ○○」っていうナンみたいなのが主流で、多くのレストランであるんですが、それも小さいのにご飯4杯分のカロリーがあるらしいです。

(これでご飯4杯分…。)

とにかく、ジャンキーでしたね。

 

あと、マレーシア料理は辛い!

たくま
たくま

マレーシア料理半端ないって!唐辛子そのままいれてくるもん・・・。そんなん食えへんやん普通。

みんなは唐辛子は除けながら食べましょう。(何度か地獄を見ました。)

 

でも少し場所が変わると、中華系の人が多い地域もあり、そこまで行けば中華料理も食べられます

もちろん豚肉も食べれます。

 

そんな感じで、行く地域によって主流の食べ物が変わるので、調べてみることをおすすめします。

基本的に、どんな宗教が多い地域なのかでなんとなく分かります。

 

・イスラム教多め=鶏肉多め
・中華系多め=豚肉・アルコールもある

僕が知る限りではこんな感じです。

鶏肉はどんな地域にもあるので、中華系の町が近くにあると食生活で困ることはないと思います。

マレーシア留学で知っておくべきこと⑤「費用は基本かなり安いが例外も」

物価はめちゃめちゃ安いです。

そして授業料もかなり安く、4ヶ月で30万弱(授業料+渡航費+ビザ費用)でした。

物価が安いので外食だけの生活でも、日本での食費より安く抑えられると思います。

 

基本的な食費は、1食=RM10=270円でした。

学食だと、RM6=160円で食べられます。

高く見積もっても、1日RM30=900円弱あれば生活できるでしょう。(地域にもよるのかも・・・。)

 

ただ例外があって、「ファミリーマート」は高めです。

マレーシアにも、「セブンイレブン」「ファミリーマート」といったコンビニがいくつかあるんですが、セブンイレブンはマレーシアのコンビニって感じです。

 

一方ファミリーマートは日本の商品も多く揃えているため、日本人には最高のスポットなんですが、日本ブランドがかかっているのか、日本で買うより若干高めのものもあります。

 

日本の感覚なら、そんなに高く感じませんが、マレーシア感覚になれてしまうと結構高く感じるでしょう。

 

節約したい方はファミリーマートには近づかないようにしましょう。

マレーシア留学で知っておくべきこと⑥「英語のクセが強いんじゃぁ」

これは行く前から知っていましたが、実際生活してみると結構苦労します。

 

僕がポンコツなのもありますが、「Two」と「Three」を聞き分けられませんでした。

「Three」が「トゥルィー」みたいに聞こえるんです。(もしかしてコレが正しかったりするのかな・・・。)

 

ネット上で「しゃべりが早い」とも書かれていて覚悟はしていましたが、確かにそうかもしれません。

 

癖があるとはいえ、英語力を伸ばす目的が達成できないわけではなく、アメリカ留学とかと変わらないぐらい練習になると思います。



マレーシア留学で知っておくべきこと⑦「英語が通じない現地人も」

マレーシア人の英語は訛りは強いですが、生徒も教師もみんなペラペラと流暢に英語を話します。

 

ただ、問題はレストランのおっちゃん。

たまに、マレー語しか話せない人もいます。

 

英語が苦手な人は40~50歳ぐらいの人が多い印象で、たぶん植民地と関係してるんでしょう。

70歳ぐらいの方だと、イギリス植民地時代の影響で英語がしゃべれて、30歳ぐらいの若い人たちは教育されて英語が話せます。

その中間層の人だと、英語を苦手とする人もいます。(中間層でも多くの人は英語も話せます。)

 

でもこれは全然デメリットではなく、言語でコミュニケーションがとれない人との意思疎通を経験できるのは、かなりいい経験になると思います。(アメリカとかイギリスだと英語でなんとかなりますもんね。)

総じて、マレーシア留学はおすすめ!

デメリットに感じるようなポイントが多いと感じたかもしれません。

 

まぁ「英語力を伸ばすだけでいい、それ以外のストレスはなくしたい」という人にはおすすめしません。

ですが、せっかく留学に行くならもっとたくさんの経験をしてほしいんです。

 

マレーシアに行けば、

・日本にはない雨季
・超親切なイスラム教の人たち
・癖の強い英語
・言語コミュニケーションができない状況での意思疎通
・まさに発展している環境での生活

こんな貴重な経験ができます。

 

アメリカやイギリスなどでは経験できないようなこともたくさんあるので、

僕はマレーシア留学をおすすめします。

たくま
たくま

充実した留学生活になることを願っております。

 

「そもそも留学に行った方がいいの?」という方は「【留学のメリット・デメリット】大学生、留学に迷ったら行こう。」この記事をチェック!

 

「留学に行くけど何持っていけばいいんだろう?」という方は「【留学持ち物リスト】留学はバックパックで十分だった話」この記事を参考にしてみてください。