【長財布歴8年の僕が思う】長財布にメリットがない話〜ミニ財布が最高〜

ツール・モノ
スポンサーリンク

はいどうも、たくま(@wakutakublog)です。

 

 

もしかして、まだ長財布使ってます?

 

僕は約8年間、長財布を使ってきました。

 

そして、3ヶ月ほど前にミニ財布に乗り換え。

それがあまりにも便利で、「長財布を持つメリットって無くね?」と思うほどです。

 

そこで今回は、「長財布を持つメリットがない話」をしていきます。

 

たくま
たくま

これから財布を買い換えようとしている人は読んでから考えよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも長財布のメリットとは

そもそも、長財布のメリットって何でしょう。

 

冒頭でも書きましたが、8年間も長財布と過ごしてきたので、それなりに長財布のメリットは分かります。

 

・カードがたくさん入る
・小銭が取り出しやすい

この2点を「長財布のメリットはこれだなぁ…。」と思いながら使っていました。

 

ただ、「そのメリットが本当にメリットなのか」と考えるとそうでもないんですよね。

 

長財布のメリット①「カードがたくさん入る」

ミニ財布になくて長財布にあるものと言えば、「大容量のカード収納」だと思います。

 

長財布なら、小分けのカードポケット以外に、お札の反対側に大きなスペースがありますよね。

 

そこにカードをまとめて収納している人も少なくないでしょう。

僕もそうでした。

 

小分けのカードポケット以外にガッポリと収納部分があるので、半無限にカードを持ち歩けるわけです。

 

カードをたくさん持ち歩きたい人には大きなメリットになっているでしょう。

 

 

ーーーーーいや、カードそんなにいる?ーーーーー

 

 

長財布の1番のメリットである「大容量のカード収納」。

 

必要ですか?

 

実際に長財布からミニ財布に乗り換えた僕は思うんです。

「本当にそんなに大量のカードを持ち歩く必要があるのか。」と。

 

 

ここで、僕が長財布を使っていたときに持ち歩いていたカードを紹介します。

枚数にして、41枚です。

 

次にミニ財布を使っている今、持ち歩いているカードがこちら。

これだけ。

枚数にして、4枚ですね。

 

つまり、37枚ものいらないカードを毎日のように持ち歩いていたわけです。

 

これで、大容量のカード収納がメリットではないということが伝わりましたかね。

 

長財布のメリット②「小銭が取り出しやすい」

長財布のメリットとして「取り出しやすさ」と言う人もいるでしょう。

 

僕もミニ財布に乗り換えるときは、「取り出しにくいかな…。」と心配していたぐらいなので。

 

特に小銭。

長財布の大きなポケットに入っていると、一目で分かり、手も入れやすく、取り出しやすいですよね。

 

ミニ財布に多くの小銭が入っていたら、100円玉と50円玉、10円玉と5円玉の区別がつきません。

 

そして、長財布のように指5本なんて入るわけもなく、取り出しにくいと感じてしまうかも。

 

 

ーー取り出しやすさはキャッシュレスで無意味にーー

 

 

でも、今はキャッシュレスの時代です。

 

電子マネーを導入すれば、小銭を使う機会なんてほとんどありません。

 

ミニ財布に変えてからの約3ヶ月間、いつ小銭を使ったか覚えていないぐらい。

コンビニ、スーパー、駐輪場、飲食店など、どこに行っても電子マネーで支払うことができます。

 

たまに、現金のみの小さな飲食店もありますが、滅多にないです。

 

「小銭が取り出しやすい」はキャッシュレス化で、もはや無意味になったということ。

長財布にメリットがなくなった理由

ここまでで、「長財布のメリットはメリットではない」という話をしてきました。

 

とは言え、長財布歴8年というぐらいなので、長財布に魅力を感じていた時もありました。

 

では、なぜ今の僕は長財布にメリットを感じなくなったのでしょうか。

答えは2つ。

・キャッシュレスが便利すぎる
・ミニ財布のメリットが大きすぎる

これです。

 

1つずつ解説していきます。

 

長財布にメリットを感じなくなった理由①「電子マネーが便利すぎる」

長財布を使っていた頃は電子マネーを使ったことなかったですが、使ってみると想像以上に便利すぎます。

 

基本的に「モバイルSuica」をiPhoneにインストールしておけば、レジでの支払いは大丈夫です。

 

さらに、割り勘をしたいときは「LINE Pay」で友達に送金することができます。

 

スタバでも「starbucksアプリ」を入れておけば、それを使って支払うことができます。

 

他にも「Pay Pay」などもありますが、上記の3つがあれば大半の場合は現金なしでOKです。

 

 

すでに電子マネーが多くのお店で使えることはわかってもらえたでしょう。

 

でも、「別に現金でいいや。」という人もいますよね。

そんな人には一回でいいから電子マネーを使っていただきたい。

支払いが楽すぎるので。

 

特に「モバイルSuica」を使って欲しい。

 

交通系電子マネーはいろんなところで使えますし、何より支払いが一番楽なんです。

 

エクスプレスカードとして設定をしていれば、「iPhoneを開き、アプリを開いて。」なんてことは必要はありません。

ただ、機械にかざすだけ。

スリープ状態でいいんです。

 

これが本当に便利。

 

現金なら「金額を聞いて、計算しながら現金を取り出して、お釣りを受け取る」という手間があります。

時間にしたら20秒ぐらい。

 

これが「モバイルSuica」なら機械にかざすだけです。

時間にして1秒

 

これだけ便利な電子マネーを導入すれば、現金を持ち歩く必要もありません。

 

長財布にメリットを感じなくなった理由②「ミニ財布のメリットが大きすぎる」

次に、「財布が小さい」というメリットが最高すぎるんですよ。

 

ミニ財布を使うことで、手ぶらで出かけることができます。

他にも小さいカバンで外出する時に、長財布だとカバンのほとんどを財布で埋めてしまいます。

 

ミニ財布なら、カバンの片隅に収まりますし、そもそもズボンのポケットに余裕で入ります。

全く邪魔に感じませんし。

 

たくま
たくま

こればかりは使ってもらわないと実感できませんが、小さいだけでかなり快適ですよ。



結論「長財布のメリット < ミニ財布のメリット」

今回は「長財布のメリットがない話」をしてきました。

 

おさらいすると、

・「カードがたくさん入る」・「小銭が取り出しやすい」は長財布のメリットではない。

・電子マネーの方が支払いも割り勘も圧倒的にラク→長財布を持つ意味なし

・財布が小さいというだけで生活がかなり快適に→長財布より小さい財布

こんな感じで考えが変わった人もいるんじゃないでしょうか。

 

 

最後に、おすすめのミニ財布を紹介して終わりにします。

 

僕がおすすめするミニ財布はabrAsus「小さい財布」です。

 

デザイン良し、機能面良し、圧倒的なコンパクトさ。

そんな財布です。

 

気になる方は「【実際の使用感】abrAsus「小さい財布」のメリット・デメリットを紹介」をどうぞ。

【実際の使用感】abrAsus「小さい財布」のメリット・デメリットを紹介
abrAsus(アブラサス)小さい財布を2ヶ月半ほど経ったので、実際に使って感じたメリット・デメリットを紹介します。さらに安く買う方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。