【一人暮らしのメリット・デメリット】可能なら実家を出て一人暮らしをしよう!

1人暮らし
スポンサーリンク

一人暮らしをして2年3ヶ月、たくま(@wakutakublog)です。

 

 

今回の記事では、僕の経験から「一人暮らしのメリット・デメリット」を紹介していきます。

 

断言しますが、結論としては「可能なら一人暮らしをすべき」です。

デメリットもありますが、正直メリットが大きすぎます。

 

 

これから一人暮らしをしようか迷っている人、一人暮らしに不安を感じている人はぜひ参考にしてみてください。

たくま
たくま

ではいこう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

一人暮らしのメリット3つ

一人暮らしのメリットは大きく分けて3つあります。

 

・全ての自由が手に入る
・自立できる環境が手に入る
・自分の人生を生きられる

この3つですね。

 

自由とか自立とかはよく言われているので、「またその話か。」と思われるかもしれません。

 

でも、一番大事なのは最後。

「自分の人生を生きられる」これが一人暮らしの最大のメリットだと思います。

ちなみに「一人暮らしをすべき」と断言できたのも、このメリットがあったからです。

 

たくま
たくま

では、一つずつ解説していくよ!

一人暮らしのメリット①「全ての自由が手に入る」

一人暮らしをすると、ありとあらゆる自由が手に入ります。

 

・時間の自由
・行動の自由
・一人の空間

このようにな自由が手に入ります。

 

時間の自由

何時に寝ても、何時に起きても、何時に帰ってきても、すべて自由です。

 

実家にいると、帰るのが遅くなる場合に「帰るの遅くなるからご飯いらない」とか連絡をしないといけませんよね。

一人暮らしなら、そんな面倒は全くありません。

 

せっかくの休みだから遅くまで寝ようと思っても、実家なら掃除機の音で目が覚めることもあります。

そんなことも、もちろんありません。

 

たくま
たくま

何時に何をしようが何も言われないって素晴らしい。

行動の自由

一人暮らしなら、何をしようが親にバレることはありません。

 

例えば、海外一人旅。

親によっては、「危険だからやめとけ」と反対されるかもしれませんよね。

 

でも、一人暮らしなら勝手に行って帰ってこれます。

事後報告で済ませることができるんですよね。

 

 

もっと小さいことで言えば、急に友達の家に泊まることになっても心配無用です。

親に連絡を入れることなく、自由に行動できます。

 

たくま
たくま

親に言いたくないことでもなんでもできるのは最高。

一人の空間が手に入る

一人暮らしをすると、家族の共有スペースであった家が、完全一人の空間になります。

なので、必然的に一人の時間が増えるというわけです。

 

毎日をせわしなく送っている人にはとくに、一人の時間を作ることが大切になります。

誰にも気を使うことなく、ダラダラしたり、映画を見たり、大音量で音楽を聴いたり。

 

一人だけの時間を堪能できるのも、一人暮らしだからこそですね。

 

たくま
たくま

一人の時間が好きな僕には快適すぎる…。

 

一人暮らしのメリット②「自立できる環境が手に入る」

自立するためには一人暮らしの環境が不可欠です。

一人暮らしをしていると、

・生活能力が身につく
・全て自己責任
・親のありがたみがわかる

こんな影響があります。

 

これらは全て、自立に繋がっているんです。

たくま
たくま

早く自立しよう!

生活能力が身に付く

一人暮らしをすれば、否が応でも生活能力は身についていきます。

 

 

料理や洗濯、掃除などの家事全般は当たり前です。

 

そしてお金の使い道も考えるようになります。

実家にいれば、自分のお金は自分の趣味に使うでしょう。

でも一人で生活するには、消耗品や食品なども買わなければなりません。

つまり、自分の趣味だけでなく生活必需品のお金も考える必要があるということです。

 

そして、実家にいたら親に任せがちなことも全て自分でやらないといけません。

一人暮らしをして初めて経験したことを挙げると、

粗大ゴミの処理、住民票の発行、電気ガスの契約などですね。

 

このような、簡単だけど面倒に感じることも自分でやらなければなりません。

やったことがなければ、大変そうに思うかもしれませんが意外と簡単にできることが分かります。

 

学生なら、こういったことをできるようになってから社会人になるとかなり楽な気がしますね。

ただでさえ忙しい社会人生活1年目に、生活面でも分からないことだらけだと二重に苦労するので。

 

全て自己責任

一人暮らしを始めると、責任感が芽生えます。

 

何か困ったとしても、遠く離れた親の力を借りることは難しいですよね。

なので、全て自己責任で行動することになり、責任感が身につくかと思います。

 

たくま
たくま

これは、物理的に親と距離を置かないと難しいかも。

親のありがたみがわかる

ここまでで書いてきた、生活能力や責任感を身につける過程で、「親のありがたみ」を実感するでしょう。

 

親に感謝するようになるというのも、自立の一つです。

実家にいた頃は、家事を頼まれても面倒くさがっていましたが、他のこと全てやってくれてるんだからそれぐらい余裕でやるようになります。

 

たくま
たくま

親に感謝…。

一人暮らしのメリット③「自分の人生を生きられる」

ここまで長々と一人暮らしのメリットを二つ紹介してきましたが、一番大切なのは次。

 

最初にも言ったように、「自分の人生を生きられる」ということが一人暮らしの最大のメリットです。

どういうことかというと、

・全ての決断を自分でできる
・親のノイズが入らない

こんな感じ。

 

詳しくは「実家より一人暮らしの方が圧倒的に幸せになれる」を読んでみてください。

 

たくま
たくま

ここだけはしっかり頭に入れておこう!

全ての決断を自分でできる

一人暮らしをすれば、親の監視下から離れるわけです。

 

先ほども書いたように、海外一人旅がしたいと思っても、実家なら親に言わなければ難しいですよね。

そしてダメと言われれば、できません。

 

行動が親に制限される、というように親が行動の足枷になることがあります。

 

 

自分がやりたいことを好きにできる人生か、そうでない人生、どっちがいいかということです。

たくま
たくま

やりたいことは勝手にやりたい!

親のノイズが入らない

たとえ親に反対されることがなかったとしても、親の意見というのは自然に染み付いてしまいます。

誰よりも一緒にいる時間が長いので。

 

でも、親とは数十年も違う時代を生きているわけなので、あまりいい影響は受けないでしょう。

 

そういった影響で、知らないうちに自分のやりたいこととは異なる道に進んでしまうかもしれません。

 

一人暮らしのデメリット3つ

ここまでで、一人暮らしのメリットを紹介してきましたが、もちろんデメリットもあります。

 

・自由に飲み込まれる
・お金がかかる
・一人ゆえの辛さ

このあたりですね。

 

一人暮らしのデメリット①「自由に飲み込まれる」

一人暮らしのメリット「自由」はデメリットにもなりかねません。

 

というのも、一人暮らしって自由すぎるんですよね。

だから、自由を自制できなければ堕落した生活へまっしぐらです。

 

寝る時間も起きる時間も自由になれば、夜遅くまでゲームをして、朝は起きれず遅刻。

なんてことにもなりかねません。

 

そして、堕落が食事にも影響を与え出すと危険です。

毎日のように、カップ麺やコンビニ弁当、冷凍食品を食べていれば体調を崩すのも当たり前ですよね。

 

このように自由というのは、制御できなければ一気に堕落につながります。

 

なので、自制できる自信がない人は少し考えたほうがいいかもしれません。

とはいえ、いつまでたっても実家にいるというわけにもいかないですし、時間が経てば危機感を感じたり慣れてくるので、そこまで心配をする必要もありません。

 

たくま
たくま

一人暮らしのはじめは堕落しがち…。

一人暮らしのデメリット②「お金がかかる」

一人暮らしをするとなると、どうしてもお金はかかってきます。

 

趣味にかけられるお金も減りますし、その分働かなければいけなくなり時間の余裕も減ってしまうかもしれません。

 

まぁ、このような経験をするからこそ、お金についてしっかり考えるようになり自立にも繋がるんですが。

たくま
たくま

趣味の追求や快適さを求めるなら実家かな。

一人暮らしのデメリット③「一人ゆえの辛さ」

一人暮らしというのは、一人の時間が増えて快適なのと同時に辛いこともあるんです。

 

 

たとえば、病気になったとき。

 

実家にいれば、ご飯も用意されるので寝ていても何とかなります。

しかし一人暮らしだと、病気でも家事をすべて自分でやらなければなりません。

 

たくま
たくま

正直、インフルエンザになった時はかなりキツかった。

 

 

他にも、一人が寂しくなるという人もいます。

僕はまったくならないんですが、一人でいることが嫌いな人には向いていないかもしれませんね。

 

たくま
たくま

一人でも耐えられるように強くなろう。

まとめ「一人暮らしのメリットはデメリットに勝る」

今回は、「一人暮らしのメリット・デメリット」を紹介してきました。

 

どちらも、それなりにあるので、人によっては実家の方が良いと思うかもしれません。

 

それでも僕は、「一人暮らしをすべき」ともう一度言っておきます。

やはり、自分の人生を生きるためには一人暮らしをするしかないと思うので。

 

 

というわけで、「可能なら一人暮らしをしてみてほしい」という話でした。

たくま
たくま

ではまた!