【大学生の後悔】まだまだ巻き返せる、大学3年生が思う2年間の後悔

はいどうも、大学三年生のたくま(@wakutakublog)です。

 

大学生活の半分を終え、折り返している最中なのですが、すでに大学生活の後悔がたくさんあります。

 

大学生活を後悔したくない!

 

そんな方のために、僕が身にしみて感じている後悔を綴っていきます。

今まさに大学生の方や受験生の方、良かったら参考にしてみてくさい。

たくま
たくま

たぶん後悔しない人生なんてないんよね・・・。

「遊べるのは大学生の間だけ」そんなの嘘だ!

こんなツイートをしました。


みなさんも一度は言われてことがあるんじゃないでしょうか。

「遊べるのは大学生の間だけなんだから、いっぱい遊んどけ!」って。

 

僕も何度か言われたことがありますが、今は「そんなのは嘘だ!」と思っています。

 

大学2年生まではごく普通の大学生活で、バイトして遊んでの繰り返しでした。

だからこそ後悔しているんです。

 

なのであの言葉を信じて遊んでばかりだと、後悔してしまうかもしれません。

 

もちろん大学生活で死ぬほど遊びたい方はいいですが。

皆さんがどっちがいいかですね。

 

僕は生涯適度に遊んでいたいので、残りの大学生活はそれを実現するために使います。



大学3年生が思う、大学生活4つの後悔

2年間の後悔を一言で表すと、「盲目的・無思考」だったこと。

まじで何も考えず、世間的に当たり前なことを当たり前のようにやっていました。

 

常に何のためにやるのか考えよう。


みなさんも、盲目的・無思考で生活しないように気をつけてくださいね。

 

大学生の後悔①「もっとコミュニティを広げればよかった」

僕が大学二年生のころまでに所属していたコミュニティといえば、

 

・サークル1つ:それなりに仲良くやっているが、特別仲良くしようとは思わない。
・バイト2つ掛け持ち:まあ仲は良いが、会う回数が少ないのでそこまで深い仲ではない。
・クラス:サークル同様

これだけですね。

 

ただ、意外とみんなこれぐらいじゃないでしょうか。

まぁ、本当に大切な友達がそこに居れば問題ないと思いますが、もし「そうじゃないよ!」って方がいれば他のコミュニティにも足を延ばしてみてください。

 

というのも、本当に気が合う人以外と関わってる時間がもったいなく感じるんですよね。

なので、もっといろんなコミュニティに入ってればなと思います。

 

「ほんとに合うな」って人としか仲良くしたくないような人には、「コミュニティを広げること」をおすすめします。

 

現在の僕は、ライターとして2つの場所から仕事をもらっているので、少しコミュニティが広がりました。

こんな感じで、インターンもコミュニティを広げる1つの手段です。

インターンだと、やりたいことが似てたりして共通点が多かったり、本当に合う人も見つかるかもしれません。

スナックおゆぴ

他にも、イベントに参加したりしてもいいですね。

「いなフリ」・「伸びしろはうす牛タン会」・「スナックおゆぴ」

こんな感じで人との関わりを増やしていきました。

イベント探しにはTwitterが便利だね。

 

大学生の後悔②「飲食以外のバイトもしたらよかった」

僕のバイト歴は、

 

・しゃぶしゃぶ屋:キッチン
・お粥屋:キッチン
・もつ鍋屋:ホール

そう、飲食店でしか働いたことがないんです。

 

もっといろんな業種でバイトしておけばよかったです。

飲食だけじゃなく、アパレルやブライダル、塾講師、事務作業…。

 

コミュニティの話にもつながりますが、いろんな職種の現場には異なる思いを持った人がいます。(当たり前のことですが…。)

飲食なら、「料理大好き」「美味しかった!がやりがい」みたいな人が多いですが、塾講師の現場ではまた違う想いをもって働いている人がいますよね。

 

そうやっていろんな想いを聞いておけば、自分がやりたいことも見えてきたかもしれません。

 

また、正直同じバイトを1年も続けたところで、メリットはほぼ無いに等しいです。

業務は同じことの繰り返し、スタッフもそんなに変わらない。

ほんとに成長にはつながりません。

 

3ヶ月働いてやめて、別のところで3ヶ月働いてを繰り返した方が良かったなと思います。業種も変えながら。



大学生の後悔③「もっと早くブログを始めればよかった」

今まさに書いているブログですが、マジで1年生の頃からやっておけば良かったと思います。

もしこの思考のまま、大学1年生に戻れるのなら真っ先にブログを始めますね。

 

まぁ何の成果も出せていない奴が言っているんですが、だからこそ!

成果とか関係なく、やったほうが良いと思うんです。

 

やっぱり今の時代、こんなに発達した発信ツールを使わない手はないと思うんですよ。

でも、「何の取柄もない自分が発信なんて…。」と思う方もいるでしょう。

実際、僕もそう思っていて手を付けられない時期がありました。

 

でも発信を始めたその瞬間から、取柄のない自分から発信している自分に変わります。

まだまだ発信者が少ない今がチャンスですよ。

 

「なんにも発信することがない…。」

そう思うかもしれませんが、何でも良いんですよ、たぶん。

何の取柄もない僕ですら、現在毎日更新43日目なんです。

 

だから誰にでも、発信はできる。

そして続けていれば、何かが変わる。

そう信じて僕は続けます。

たくま
たくま

あぁもっと早く始めておけばよかった…。

大学生の後悔④「バイト以外でお金を稼げばよかった」

バイト以外でお金を稼ぐ手段を知ってからは、絶対こっちの方がいいと思っています。

もちろん、コミュニティ拡大の面ではバイトもいいですが。

やはりバイトは時間を売ってるだけなので、自分の価値ではないんですよね。

 

バイト以外で稼ぐ具体的な方法は、ライティングプログラミング。(ブログも若干入る。)

 

数ヶ月前からライターを始めたのですが、時給換算してもバイトより良いし、ライタースキルも身につくし、場所や時間に縛られない。(知識ゼロでも始められるので、おすすめ!)

プログラミングはまだ始めてないんですが、「もっと早く始めてたらな…」と思いますね。

1年生からやってれば、在学中にある程度稼げるようになってただろうし。

休学もせず、新卒フリーランスになれたかもしれません。

 

仮に就活するとしても、バイト以外で稼ぐ=スキルがあるなので、多少は有利になりますしね。

後悔はする、でも少ないほうが良い。だから考えよう。

間違いなく、後悔はします。

大学生活だけじゃなく、どんな場面でも。

 

なので、少しでも早く後悔を乗り越えたモン勝ちです。

ただ、「盲目的・無思考」になっていては後悔にも至らないので、

常に考えることを怠らないようにしてくださいね。

 

今の僕の思いは「盲目的・無思考にならなければ、後悔は圧倒的に減らせる。」

こんな風に思っています。

 

みんな!考えて行動しよう!(自分に言っているようなもんです。)