【人気だけど、正直どう?】Kindle Paperwhiteを2年半使ったレビュー

どうも、たくま(@takuma_minimal)です。

人気の衰えを知らない『Kindle Paperwhite』ですが「そんなに良いの?スマホで十分じゃない?」などと思っている人も少なくないと思います。

正直、Kindle Paperwhiteには驚かされました。

僕が購入した理由は「本を持たなくていい」「持ち運びに便利」という2点。

でも実際に使ってみると「え、こんなこともできるの⁉︎」とか「うわ、そういえばコレってすごいな」とか、溢れんばかりのメリットを実感しています。

もちろんデメリットもありますが、そんなの気にならないほどのメリットが詰まっているんです。

この記事では『Kindle Paperwhite』を2年半以上使っている僕が、その魅力をお伝えします。

たくま

読んだら買いたくなるけど心の準備はOK?

目次

『Kindle Paperwhite』のメリット4つ

『Kindle Paperwhite』のメリットは主に以下の4つ↓

  • 読書効率アップ
  • 時間と場所を選ばない。
  • バッテリー性能が桁違い。充電は月1回でOK。
  • 電子書籍なのに目が疲れない。
たくま

「もっと本を読みたいけど、なかなか進まない」という方は必見

読書効率アップ

これは断言できますが「Kindle Paperwhite」を使うようになって、読書効率が明らかにアップしました。

そこには、Kindle Paperwhiteの6つの特徴が関係しています。

  • 片手で読める
  • 通知に邪魔されない
  • 平置きしてメモ取りもラクラク
  • 知らない言葉も辞書機能で即解決
  • 付箋&ページ記憶機能でサクッと読み返せる
  • 目次からワンタッチ移動で読みたい箇所をサクッと読める
紙のようにページをめくらないので片手でOK。電車でも読みやすいね。
紙の本は置いたら閉じちゃうのが意外とストレス。
電子でも付箋が貼れる!
長押しで辞書が起動。勉強にもGOOD。
目次から移動できるのも素敵。付箋ページにも移動できるよ。
たくま

読書に超特化したシンプルな機能が最高…。

時間と場所を選ばない

Kindle Paperwhiteなら時間や場所を選ばず、いつでもどこでも読書できます。

  • 軽い&薄いので持ち運びラクラク
  • ほぼ無限にたくさんの本を持ち運べる
  • ポチったらすぐに読める
  • 暗闇でも直射日光でも問題ない「E-inkディスプレイ」
  • 防水機能付きなのでお風呂でもOK
この薄さ。文庫本の約1/2。
iPhoneXRKindle Paperwhite文庫本
重さ194g182g約150g
薄さ8.3mm8.18mm約13mm

ここに1000冊以上もダウンロードできるのです。

8GBでも、小説なら約4000冊・漫画なら約130冊・ビジネス書なら約1000冊とかなりの量の持ち運びが可能です。

しかも一度購入すれば本体から削除しても再ダウンロードできるので、今読みたい本だけで数千冊も持ち歩けるということ。

ポチったら即読書スタート
E-inkディスプレイによって、暗闇でも優しい明かり。

バッテリー性能が桁違い。充電は月1でOK

実際に使ってみて、一番びっくりしたのが「バッテリー性能」です。

  • 1時間読書して99%→97%
  • 1ヶ月放置しても放電ほぼなし
1時間の読書で減ったのは、たったの2%。
たくま

月1の充電で十分です

電子書籍なのに目が疲れない

  • E-inkディスプレイによって目が疲れない
iPadと並べるとこの違い

iPadの明るさは最低にしていますが、これだけの違いがあります。

さらに『Kindle Paperwhite』は液晶ではなくE−inkディスプレイ。つまり直接目を照らさない(画面を照らしてる)のです。

たくま

これが「まるで紙のよう」と言われる秘訣

『Kindle Paperwhite』のデメリット2つ

『Kindle Paperwhite』のデメリットは主に以下の2つ↓

  • 漫画のページ切り替えが少し気になる
  • 少し持ちにくい

漫画のページ切り替えが少し気になる

漫画はデータが大きいのでページの切り替えにもたつきます。

気になる人は気になるかな。
文字ならこんな感じ。全然気にならない。

Kindle端末で漫画をスラスラ読みたい方は「Kindle Oasis」がオススメです。

たくま

漫画だけはスマホで読むとかもいいかも

少し持ちにくい

小指で支えるのが少ししんどい。
そこで「 ストラップ 」を導入!
輪っかに指を通せば、
指一本で持てます。
たくま

安定感も抜群でストレスフリー

詳しくは「Kindle端末を快適に使うためのアクセサリ3選【各1,500円】」を参考にどうぞ。

【おすすめモデル】容量・広告の有無・接続方法

Kindle? Kindle Paperwhite? Kindle Oasis?

Kindle端末には「Kindle」「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」の3種類があります。

スクロールできます
KindleKindle PaperwhiteKindle Oasis
価格¥8,980〜¥13,980〜¥29,980〜
容量4GB8GB or 32GB8GB or 32GB
解像度167ppi300ppi300ppi
防水機能
フラットベゼル
色調調節ライト
明るさ自動調整
ページ送りボタン
接続Wi-FiWi-Fi / Wi-Fi+4GWi-Fi / Wi-Fi+4G

結論「Kindle Paperwhite」が丁度いい。

「Kindle」に5,000円追加するだけで、容量は2倍、解像度もほぼ2倍、ディスプレイと枠の段差がないフラットベゼル、防水機能も搭載されています。

そして「Kindle Oasis」にはさらに機能が追加されていますが、これに1万5千円も上乗せするというのは…うーん。(漫画をメインで読みたい方にはおすすめ)

容量(8GB? 32GB?)・広告(あり? なし?)・接続方法(Wi-Fi? 4G?)

Kindle端末は「容量」・「広告の有無」・「接続方法」が選べます。

結論「8GB・広告なし・Wi-Fi接続」が便利でコスパもいい選択です。

  • 8GB:端末から削除してもダウンロードできるので、今読みたい本を8GB(約1,000冊)入れられる。
  • 広告なし:「あり」だとスリープ画面やホーム画面に広告が表示される。2,000円で広告なしにできるのは安い。
  • Wi-Fi:いつダウンロードするか。Wi-Fiでダウンロードしておけばネットが繋がらなくても読める。4Gより9,000円安い。

Kindle Paperwhite「8GB・広告なし・Wi-Fi接続」モデルはこちら↓

【おまけ】Kindle端末と合わせて買うと便利なアイテム

Kindle Paperwhiteを買うなら本体カバー ・ ストラップ ・ 保護フィルム 」を一緒に買っておきましょう。

たくま

長く使うため、しっかり守ってあげよう

>>【持ちにくい。寝ながら読みたい。カバーは必要?】Kindleを快適に使うアクセサリ3選

【結論】Kindle Paperwhiteは一度手に取ると手放せなくなる

Kindle Paperwhiteを使うようになって2年半ほど経ちますが、もう手放せません。

邪魔にならないし、ほぼ無限にダウンロードできて、どんな環境でも読めて、長時間読んでも充電はなくならないし、目も疲れない。

たくま

最高じゃないですか…

【Kindleの記事一覧】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる