ブログ

仕事や勉強のお供はこれで決まり!おすすめの4点を紹介

はいどうも、たくまです。

 

 

みなさん、勉強や仕事をするときに何か食べたり飲んだりしてますか?

 

しているなら、そのアイテムを見直してみる必要があります。

 

それらのせいで、仕事効率が悪くなったりしてしまっている可能性があるんです。

 

 

この記事を読んで、集中するために気を付けるべきポイントを理解して必要なお供を用意してみてください。

集中を妨げるものを排除しよう

食べ物や飲み物によって、集中が妨げられるということはよくある話です。

 

なので今回の記事では、集中を妨げる要素を排除するという観点から、お伝えしていきます。

 

集中妨害する要素

集中を妨げる要素を三つまとめてみたのが、こちら。

 

・眠気
・血糖値の急上昇
・水分不足

 

この三つを防ぐことができれば、集中して仕事や勉強ができるでしょう。

 

この三つについて簡単に説明をしておきます。

 

眠気はわかるので飛ばしますね。

 

 

脳の活動に糖は必要不可欠なんですが、血糖値が急上昇すると、血糖値を抑えるために膵臓からインスリンが分泌されます。

そして血糖値が急低下し、脳に糖が行き渡らなくなります。

これでは脳の働きは低下してしまいます。

 

 

次に水分不足です。

実は、脳の80%が水分なんです。

これを聞けばわかると思いますが、脳の水分が足りなくなると、脳の働きは低下してしまいます。

 

集中するための4アイテム

防ぐべきポイントを理解したところで、

 

ではこれらすべてを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

 

 

この疑問を解決する、おすすめのお供を紹介していきます。

 

高カカオチョコレート

高カカオというところがポイントです。

 

普通の甘いチョコでは血糖値が急上昇してしまうので、勉強のお供には向いていません。

 

 

カカオに含まれる成分が集中にはもってこいなんです。

 

主な成分として、テオブロミンがあります。

 

テオブロミンの効果は大きく二つあり、

一つは自律神経を刺激しすることによるリラックス効果

もう一つは大脳を刺激することによる集中力のUP

 

 

集中力のUPとともに、リラックス効果による疲労回復もできてしまいます。

ちなみに、天然のテオブロミンはカカオにしか含まれていないと言われています。

 

アーモンド

アーモンドは血糖値を緩やかに上げる効果があります。

 

 

脳に糖は必要なので、ある程度血糖値を上昇させる必要があります。

だからと言って、甘いものを食べれば血糖値は急上昇し、すぐに急低下してしまいます。

 

 

血糖値をそこそこの状態でキープさせることが大切です。

 

これを実現させるのが、アーモンドなんです。

 

コーヒー

ご存知の通り、コーヒーはカフェインが含まれています。

カフェインによる覚醒作用で眠気を防ぎます。

 

 

ただ、コーヒーには一つ注意しなければならないポイントがあります。

それは、コーヒーで脱水状態になる可能性があるということ。

 

 

カフェインには利尿作用があり、体内の水分を尿としての排出を促進します。

つまり水分不足を促してしまいます。

 

 

ですので、水も一緒に採る、眠い時だけ飲むなど注意して飲んでください。

 

これは言うまでもなく、水分不足を防ぐためですね。

 

 

お茶より水が良い理由として、無駄な成分がないことがあります。

 

お茶にはカフェインが含まれているので、利尿作用で効率の良い水分補給にはなりません。

 

その他ジュースは、糖分が多く血糖値の急激な上昇につながります。

 

ですので、集中したい時の飲み物は水が一番です。

まとめ

これが僕が家で勉強や作業をするときのお供です。

 

ただ家ではあまりコーヒーを飲まないので、基本は三点ですね。

たまに眠いとコーヒーもという感じです。

コーヒーが飲みたいときはカフェで作業したり。

 

とりあえずこの四点があれば、集中を妨げられることはないので、用意してみてください。