iPhoneのカメラが凄い!長時間露光モード撮影が可能に。

写真
スポンサーリンク

はいどうも、たくまです。

 

 

みなさん、iPhoneで長時間露光モードの撮影ができるって知ってましたか?

 

僕はさっき、iPhoneで長時間露光撮影ができると知ったので、

思う存分その機能を使ってきました。

 

 

初めての長時間露光撮影だったので、技術はまだまだですが

 

良かったら見ていってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneで長時間露光撮影をする方法

まず、どうやってiPhoneのカメラを長時間露光モードするのか知っていますか?

 

最近カメラに興味を持ち始めた僕は全然知りませんでした。

 

 

でもめちゃめちゃ簡単。

たったの3ステップです。

その1.Liveモードで撮影

まず、iPhoneのカメラを開いて上にあるLiveボタンをタップします。

 

このLive撮影はシャッターボタンを押した前後1.5秒ずつ、

合計3秒の映像が保存されます。

 

 

この動きある映像を一枚の写真に収めるのが、長時間露光モードです。

 

ですので、

Live撮影時はカメラを動かさないよう注意が必要です。

 

その2.撮った写真を開いて上にフリップ

次は、Live撮影した写真を開きます。

 

画面を上にフリップするとエフェクト欄が現れます。

そこにはLive・ループ・バウンス・長時間露光があります。

 

 

簡単にこれらのエフェクトを説明すると、

Live:写真を短い映像に。
ループ:映像を繰り返す。
バウンス:映像の再生・逆再生を繰り返す。
長時間露光:映像を一枚の写真に収る。

その3.エフェクト欄一番右の長時間露光を選択

最後は長時間露光を選択すれば完成です。

長時間露光モードで撮影してきた。

今日は一日を使って長時間露光撮影をしてきました。

 

そこで撮った写真を、

長時間露光モードと通常モードで比較していきます。

 

昼の部

長時間露光モードで撮影するなら夜なんでしょうが、昼間にも挑戦してみました。

 

その結果がこちら。

 

たくま
たくま

撮影を終えて記事を書いている今気づいたんですが、ほとんど室内で撮影してました…。

長時間露光

通常

 

長時間露光モードにすることで、止まっているバスに注目が集まったり、

長時間露光

通常

奥の車線が渋滞しているのが伝わったりします。

 

 

動きある写真を撮影することで反対に、

止まっている物体を目立たせることができます。

 

たくま
たくま

これを使って何かできそうな気がする。

長時間露光

通常

京都駅まで行ったのですが、あんまり人が多くなく良い写真になりませんでした。

 

人混みで撮影すれば、もっと動きある写真が撮れるんでしょう。

 

エスカレータ

長時間露光撮影をしていたら、動くものすべてが被写体に見えてきます。

 

エスカレータを撮影する日が来るとは思ってもいませんでした。

長時間露光

通常

動くエスカレータと動かない階段の図。

いい感じに左側は人が多く、対照な感じで撮れました。

長時間露光

通常

 

まるで滑り台かのような、滑らかなエスカレータになりました。

 

夜の部

ここからが本番です。

 

長時間露光モードが本領発揮する夜です。

その結果がこちら。

 

長時間露光

通常

 

長時間露光

通常

 

やっぱり車のライトが光ると、良い感じの写真になりますね。

 

長時間露光

通常

 

交差点に人が多かったのでパシャリ。

いい感じに透けてますね。

 

信号が2色光る

長時間露光モードを使えば、こんな写真も撮れちゃいます。

 

失敗作~カメラを動かすとこうなる

 

シャッターを切る間にカメラを動かしてしまうと、

こんな風にゆがんだ写真になってしまいます。

これを失敗と採るか、味と採るかはあなた次第ですが。

 

長時間露光を使っていろんな写真を撮りに行こう

長時間露光モードを使ったことがない人は、

一度試してみる価値ありです。

 

今まで撮ったことがないような写真が撮れちゃいます。

 

 

僕ももっと想像力を働かせて、面白い写真を撮っていきます。