高校生世界一周の「やな」くんに直撃。~やなくんの素顔に迫る~

インタビュー・イベント
スポンサーリンク

はいどうも、たくま(@wakutakublog)です。

 

みなさん、「やな」くんを知ってますか?

彼です。

 

彼は高校3年生で休学をして、1年間の世界一周をしていました。

そんな彼が1ヶ月ほど前に帰国したということで、

昨日インタビューをしてきました。

たくま
たくま

初のインタビューだったので、温かい目で見ていただければ幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

インタビューに至るまで

やなくんのことは割と前から知っていて、世界一周の様子とかもTwitterで見ていました。

 

でTwitterで帰国したことを知り、こんなツイートを見ました。


これは連絡しないわけにはいかないということで、

すぐにDMで「インタビューしたい」と伝えると、「ぜひぜひー!」と。

 

まあそんなわけで、インタビューをさせてもらうことになったんです。

緊張の初インタビューが幕を開ける

わくわくどきどきの対面はサンマルクカフェ。(ベトナム風コーヒーがおいしいよね。)

 

店に入ったらすぐに見つかりました。

だって1人だけ、ピンクの頭なんだもん。

 

まあ早速インタビューに移りましょう。

まずは世界一周の話

最初は楽に話せそうな世界一周の感想を聞いてみようと決めていました。

世界一周の感想はTwitterとかnoteにも書いてたけど、アイスブレイク的な感じですね。

 

たくま
たくま

まずは世界一周の話を聞きたいんですけど、率直にどうでした?

 

やなくん
やなくん

いやぁ行って良かったですよ。
高校や大学みたいな環境が世界のすべてだと思ってたけど、違うんだということに気づきました。まぁ当たり前のことなんですけどね。
あと、自分のことをたくさん知れたし。どうやったら自分が幸せに生きられるかも分かって、世界を見ることで自分が分かってきました。どこへ行ったとかより、自分のことを確かめることができたのが良かったですね。

 

たくま
たくま

どこに行ったとかじゃなくて、自分を知れた・・・。
ふ、深い・・・。

たくま
たくま

あと、一時帰国して、再出発の時に楽器を持って行ってたと思うんですけど、あれはどうでした?あるのと無いのじゃなんか違いました?

 

やなくん
やなくん

楽器があると共通の話題が生まれて、現地の人と仲良くなれましたね。
それがめちゃ楽しかった、けどめちゃくちゃ邪魔でした。

 

たくま
たくま

邪魔だったんですね。笑
これから世界一周に行く人には勧めます?

 

やなくん
やなくん

そうですね、何でもいいから共通のコミュニケーションツールがあれば楽しいと思います。

 

やなくんの中身

ここからは、やなくんの考えや思いについて聞いていくよ!

行動の原動力はどこから?

たくま
たくま

ブログに「行動力はない」って書いてあったんですけど、
世界一周だけじゃなく、原宿で叫んだり色々やってるじゃないですか。
その原動力はどこから来るんですか?

 

やなくん
やなくん

行動を起こそうと思ってやってないんですよ。
行動しようと思ってやると、義務に感じてストレスになるので。だから気分でやりたいと思ったらやるようにしてますね。
なんか、5秒ぐらい考えるとできない理由を考え出しません?お金とか。

 

たくま
たくま

たしかに・・・。

 

やなくん
やなくん

だからそういうの考える前に、やっちゃいますね。

 

たくま
たくま

そもそも行動しようとおもってやってないのか。
面白そうっておもったことはすぐにやるって自分の脳をプログラミングでもしてるんかな・・・。笑

 

やなくんの夢について

たくま
たくま

過去のブログに書いてた、「夢の定義」について聞きたいんですけど、

 

やなくん
やなくん

そんなこと書いてました!?

 

たくま
たくま

「身近に感じた憧れのこと」みたいに書いてましたよ。笑

 

やなくん
やなくん

めちゃ良いこと言うじゃないですか。笑

 

たくま
たくま

そうなんですよ、めちゃ良いこと言ってましたよ。
そこで気になったのが、どうやったら憧れを身近に感じられるのかなってことなんです。

 

やなくん
やなくん

なるほど、
それについては一歩踏み出す勇気とかじゃなくて、きっかけとか情報だと思います。
世界一周に言った人の話(情報)を聞いているうちに身近に感じてきて、そこに行くきっかけがあれば行けちゃいます。

 

たくま
たくま

情報を集めることで憧れを身近なものにしたのか・・・。

たくま
たくま

実際どんなことをしてたんですか?

 

やなくん
やなくん

もう、ひたすら人に会いまくってましたね。毎日6人ぐらい。

 

たくま
たくま

6人・・・!

 

やなくん
やなくん

そこで、気持ちの持ちようとか大切にすべきものとか全部教えてくれて、師匠みたいな人に会えましたね。
まぁ世界一周してる人っていっぱいいて、世界一周経験者にいっぱい会ってたら身近に感じてきたって感じでした。

 

自分を愛するとは

たくま
たくま

「自分を好きになったり受け入れるようになった」みたいに書いてたけど、どうしたら自分を受け入れたりできますかね?
僕もそうですけど、自分に自信が無い人とか多いと思うんですよね。

 

やなくん
やなくん

僕も自分を好きになったわけじゃないんですよ。だって嫌いなとこは嫌いじゃないですか。顔とか性格とか。
だからもう、認めて受け入れるしかないと思ってますね。
それを「愛する」って呼んでるんです。だから「好き」と「愛する」は違うって思ってますね。

 

たくま
たくま

好きになるのと愛するは違うのか、でもなんかしっくりくるな・・・。

 

やなくん
やなくん

とにかく自分を知って、コンプレックスから目をそらさないこと、ちゃんと向き合ってあげることが大切だと思いますね。
たとえばコンプレックスを隠したりしますよね。まぁ隠すことも大切な自己防衛なのかもしれないけど、隠してたら自分を受け入れられないままだから、向き合ってみることが大切かなと思います。もし認められなかったら、そんな認められないことも認めてあげるんです。
そうやって少しずつ自己肯定していけばいいと思います。めちゃめちゃ難しいと思いますけどね。

 

たくま
たくま

めちゃ難しそうだな・・・。

 

やなくん
やなくん

僕も自分のこと大嫌いだったんで。今はこうやっていっぱい喋ってますけど、こんな風に話せなかったですもん。

 

たくま
たくま

なんか旅中に受け入れるようになったきっかけがあったんですか?

 

やなくん
やなくん

ん~、あったかな?
なんか、上手くいかない時が見つめ直す瞬間なんじゃないですかね。
彼女に振られたときとか、人間関係に悩んだときとかが見つめ直すきっかけになると思います。「何がダメだったんだろう」みたいに。

 

やなくんのこれから

最後はやなくんの将来について聞いていくよ。

 

たくま
たくま

次は将来について聞いていきたいんですけど、Twitterのプロフィールに「ミュージシャン・役者・プログラマー・講演家になる」って書いてますけど、なんでこの4つを選んだんですか?

 

やなくん
やなくん

特に意味は無くて、好きだからやってみるだけですね。これは将来やりたいことってよりは今やりたいことって感じです。

 

たくま
たくま

そうなんですね!
少し気になるのが、なんかこの4つを見ると、「プログラマー」が異色な感じがするんですけど何かあるんですか?

 

やなくん
やなくん

あ、プログラミングは昔からやってたんですよ。
C言語をやってて難しすぎて挫折したんですけど・・・。
でももっと簡単なプログラミング言語だったらできそうだなと思って、上手くやればしっかり収入にもなりそうですしね。
まぁ好きなことばっかりやってたらお金なくなっちゃうんで。

 

たくま
たくま

じゃあ好きなことをやるために、プログラミングをやるって感じですか。

 

やなくん
やなくん

そうですね~、でもお金のためだけではないですね。
やりたいからやるって感じで。
今はHTMLとCSSの勉強してます。

 

たくま
たくま

他の3つはどうですか?

 

やなくん
やなくん

まあミュージシャンは音楽が好きで、
役者はもっと自分のことを知りたいなと思って。なんか演じてたらそれが鏡になって自分のこともしれるんじゃないかなと思ってます。あとは昔から演じるのが好きなんで。
講演家は今話してるみたいに、伝えるのが好きなんですよ。発信が生きがいだし、なんか生きてるって感じしません?

 

たくま
たくま

すごい、発信することに生を感じるのかぁ。なんか敵わないなぁって思えてきます・・・。

たくま
たくま

ちなみに今大きな夢はあるんですか?

 

やなくん
やなくん

無いですね。あ、でも音楽はガチでやりますよ。10年以内には武道館にいますよ。そのために今は1日6時間ぐらいギター弾いてます。

 

たくま
たくま

武道館・・・。ガチですね。

たくま
たくま

音楽は好きだから、観に行きたいなぁ。

 

たくま
たくま

プロフィールの最後に、「ミネルバ大学に行く」って書いてたけど、なんでですか?まずミネルバ大学についてあんまり知らないんですけど。

 

やなくん
やなくん

あ~ミネルバめっちゃ面白いんですよ。世界七都市に寮が散らばってて、そこを四年間かけて渡り歩くんです。
で授業も変わってて、たとえばインドだったらインドの現状を教えてくれるんです。それに対して解決法を生徒たちで話し合って実行するんですよ。

 

たくま
たくま

じゃあ僕らが知ってる大学とは全然違うんですね。でも面白そう・・・。

 

やなくん
やなくん

でも今は、音楽を頑張りたいなと思ってるんで、行くかは分からないですね。行くとしたらミネルバ大学って感じですね。

 

やなくんはこれからも「楽しそう」を追及していきそう。

やなくんのnoteは必見

初のインタビューで、上手くいかないことだらけだったけど、とにかく記事にまとめてみました。

 

まあそんなことはどうでも良くて、やなくんのことをもっと知りたいと思った方に是非見てほしい記事があるんですよ。

いや、みんな見て!

これは、マジですごいんだ。

とにかく感動する。

 

では次のインタビュー記事でお会いしましょう。

 

笑顔が素敵なやなくんでした。