インドに行く前に知っておきたい教訓とおすすめ3スポット

はいどうも、マレーシア留学中にインドに行った、たくまです。


インドに対して「ヤバい国」って思ってる人も多いんじゃないでしょうか。

たしかにヤバいです。

でもだからこそ、おすすめしたいので今日はインドを紹介します。


これからインドへいく人に向けて、僕が得た教訓とおすすめの3スポットを紹介。

まずはおすすめ3スポットからどうぞ。

1.インドと言えば「タージマハル」

インドと言えばタージマハルですよね。これ、本当にすごいです、感動します。

建造物より風景派のぼくも感動するぐらいです。

あの白さ、非の打ち所がないほどのシンメトリー、そして壮大さ。


「建物なんて所詮人が作ったもの」なんて思ってる方、騙されたと思って行ってみてください。

絶対に感動します。

すごすぎて、いろんな所から写真が撮りたくなります。


それでも「自然が正義だ」って言う人へ、

夕日も綺麗!!

日没間近の時間に空気が汚いインドで、霞むことなく真っ赤な太陽が見られました。

夕日を眺めてる時間ってなんだか幸せな気分になれます。

頭の中のモヤモヤが無くなるというか、「ふわぁ~」と蒸発していくような気分。

僕だけですかね。

2.インドの絶景「アンベール城」


城塞に囲まれる宮殿「アンベール城」ですが、ここは城の中より、城に対面している山から城と町を見下ろす景色をおすすめします。

建造物より風景派が顕著に表れてますね。

ただ、山の上に行くには果てしない階段を上らないといけません。

この時、下したお腹が治った直後で、二日半何も食べず、その日の朝トーストと卵を食べただけだったので、余計にしんどかったのか、階段で10回ほど止まって休んでました。

しんどい思いをしてでも、見る価値のある景色ですので是非、登ってみてください。

3.インドで風を味わう「ハワーマハル」

風の宮殿と言われる「ハワーマハル」。

ここも、中に入る必要はないかなと感じました。


町中に急に現れる美しくも大迫力なハワーマハルには、「おおっ!」てなります。


ちなみに「ハワーマハル」には数え切れないほど多くの、格子がついた小さな窓が開いているのですが、これは宮廷の女性たちのために作られたものなんです。

宮中の女性たちは自分の姿を外に見せることができないため、この窓から外の様子を見ていたのです。


このたくさんの窓があることで、空気が通りやすいため「風の宮殿」と言われるようになったそう。

インドでおなかを壊すかは運次第。

インドへ行こうとしている方の心配どころは、やっぱりお腹ですよね。

これに関してはいろんな対策をされてる方もいますが、実際行って思ったのは「運だな」ってことです。


10日間の滞在で、お腹を壊したのは4日目の夜。

それまでと何ら変わりの無い生活をしていました。

おそらく僕のおなかを攻撃してきたのはこいつ。

さすがに生の玉ねぎは怖いので食べませんでしたが、結局カレーにやられました。

でも食べてるときは何も感じなかった。


なんならめちゃめちゃ美味しかった。


その時は「これなら毎日でも食べられる」なんて思ってたぐらいです。

まあ実際おなかを壊してからは、インドでカレーは食べられなくなりました。


牡蠣にあたって嫌いになる人の気持ちが分かった気がします。

インドの食事も牡蠣みたいなもんで、おなかを壊すかは運しだいな気がします。

インド行くなら時間に余裕をもて

これは本当に大事。

おなかを壊してもいいように、動けなくなる時間を確保しておくべきです。


実際僕は二日半、部屋から出られませんでした。

このおかげで、行きたかった西側のジョードプルとジャイサルメールに行くのは諦めることにしました。

インドに行くにあたって、一番行きたかったのはジャイサルメールのキャメルサファリだったのに・・・。


砂漠で満天の星を見たかった・・・。

おなかを壊す前提で、数日は余裕を持っておくべきです。

とにかくインドに行こう

刺激が強烈なインドには是非行ってほしい。

特に僕みたいな暇してる大学生には。


おなかを壊して散々な思いもしたけど、また行きたいと思うほど刺激的です。


次は行きたかった西側を攻めるか、南インドに行くか、はたまたどっちも行くか。

考えるだけでわくわくします。

また、二度目のインド編でお会いしましょう。