田舎フリーランス養成講座「いなフリ」はフリーランス養成所ではない

はいどうも、たくまです。

 

 

僕は2月11日から3月8日までの約1ヶ月の間、千葉県金谷で開催された「田舎フリーランス養成講座(通称:いなフリ)」というものに参加していました。

 

この一ヶ月が今までの人生で一番濃い1ヶ月だったと言っても過言ではないぐらい濃密な時間だったので、

今日は、

・フリーランスに少しでも興味がある人

・「いなフリ」って聞いたことあるけど、具体的に知らない人

・そこそこお金必要だし、なんか怪しいなと思っている人

 

そんな方に向けて4日前に「いなフリ」を終えた僕が、

 

田舎フリーランス養成講座の1ヶ月を振り返りながら実態を解説していきます。

田舎フリーランス養成講座「いなフリ」とは

田舎フリーランス養成講座とは何なのか。

 

簡単に言えば文字通り、「田舎で暮らしながらフリーランスとして生活する力を身につけよう」という趣旨のもとで行われる1ヶ月間の合宿講座です。

 

 

でもこれはただの根底にあるものって感じで、それ以上のものが学べる、そんな期間。

 

むしろ、その趣旨は学びの中の3割に過ぎないぐらい。

 

これは別に、田舎×フリーランスの要素が少ないのではなくて、他の学びが大きすぎるんです。

 

 

フリーランスとして稼ぐ力を身につけようと参加する人が多い印象でしたが、

受講生みんな各々もっと大きな学びをしていたと思います。

 

何はともあれ、僕はそうでした。

いなフリ参加まで

いなフリに参加するまでは、

応募までの期間と受講が決まってからの期間、割と長い時間がありました。

 

参加のきっかけ

高校生の頃から就職に良いイメージがなかったのが始まりですね。

帰りの電車でみるサラリーマンの方は大半が疲れ切っていて、

 

「大人になったら楽しくなさそうだな」と高校生ながら思っていました。

 

そんなこんなで、ネットサーフィンをしている間に田舎フリーランス養成講座を見つけました。

 

 

しかもその参加者には、

僕と同じ大学生がいて、大学生でも何とかなるのかと思い参加を決めました。

 

が、留学期間と被っていたので、いったん見送りに。

 

 

留学中に何回も次のいなフリの募集が出てないか調べていました。

で、募集を見つけたら手が勝手に応募してた感じでした。

 

 

その後はマレーシアからSKYPEで事前面談をして、受講が正式に確定しました。

まだ数ヶ月先のことで、実感もなくただ応募してみたって感じでした。

 

参加までにしたこと

参加することが決まって、僕はブログを中心に勉強しようと思っていたので、

何かしようと思いました。

 

 

そこで留学に唯一持って行った本「ブログ飯」を読み始め、

帰国後は「20歳の自分に受けさせたい文章講義」を読みました。

 

 

が、ブログもやってなければ、まともに文章も書いたことがない。

 

そんなアウトプット0の状態で読んでも、あんまり吸収できませんでした・・・。

 

 

ということで、ブログを書き始めようと思ったのがいなフリ2週間前。

 

小さい頃からパソコンが苦手な僕はWordPressの立ち上げに一苦労しました。

 

難しいことはないのですが、やる気の問題ですね。

 

 

やっとの思いで立ち上げに成功したは良いものの、書くことがない。

そのまま時間だけが過ぎ、何も始まらない。

 

そこで、

いなフリ事前課題にあった「やりたいことリスト100」を作って記事にしちゃいました。

 

それがこちら。

やりたい100のこと はじめまして、19歳大学生の福田拓真です。 今日からこのブログ『わくわく道中』を更新していくにあたって、最初に自己紹介...

 

 

こんな感じで結局、何もしていないも同然の状態でいなフリに参加することになりました。



いなフリ期間中

ここからが一番気になるところですよね。

 

いなフリでの生活を週毎でお伝えしていきたいと思います。

 

ついに迎えた1週目

ついに迎えた2月11日。

住んでいるのは京都。開催地は金谷。

 

乗り換え案内で「金谷」と検索すると、静岡に到着するので注意が必要です。

数日前まで静岡の金谷に行く時間を調べていました。

 

行かなければならないのは「浜金谷」

 

 

家から浜金谷まで6時間。遠すぎて嫌になる。

 

余裕を持って午前6時前に家を出て、

眠い目をこすりながらバス、新幹線、電車に揺られ「まるも」に到着しました。

 

受講生&メンターとの対面

自己紹介や宿の説明などを終えると、

メンターが発表され、僕のメンターは自称「ヒモフリーランス」のあつきさんになりました。

 

あつきさんはいなフリ前からTwitterで唯一知っていたメンターだったので少し安心しました。

 

 

そしてメンターとの初回面談が行われ、一ヶ月の目標や一週間の目標などを明確にしたいきます

 

なにも分からないので、言われることに同意する感じで進んでいきました。

 

 

一ヶ月の目標:

・ブログ毎日更新
・ライティングで5万円稼ぐ

 

一週間の目標:

ブログ毎日更新
ライティングを毎日5件提案

 

この目標が決まり、二日目から作業に明け暮れる日々が始まりました。

 

初めてのことばかりで苦悩

毎日ブログのネタを考え、構成を決め、文章にする。

これの繰り返し。

 

ブログは前から興味があり、好きなことを書けるのでモチベーションは高い状態でした。

 

 

ですが初めてのことが多く、思うように作業は進みません。

時間はかかりながらも毎日更新を続けました。

 

ライティングはすぐに稼ぐため、

と始めたがそこまでモチベーションは高くありません。

 

ライティングの提案がなかなか思うようにいかず、

 

 

毎日5件提案すると決めたものの、一日1件しかできない日や、多くても3件しかできない日々でした。

 

一週間で合計15件ぐらいしか提案していません。

 

一変した習慣にも慣れた2週目

何もなければ昼まで寝ていた習慣は、きれいさっぱり消え、

 

6時~6時半に起きて7時前から作業を始めるという生活習慣に変わりました。

 

 

その習慣にも慣れつつ、日常感はなく引き締まった感じで作業に集中でき、ブログの毎日更新は継続できました。

 

ライティングの提案で少し成長

二週目もやはり、ライティングの提案は上手くいかず、

二週目も平日は合計10件ぐらいしか提案できず・・・。

 

 

そんなことをしていると、

金曜日の週末面談で「提案が遅すぎる」と言われ、

時間を計って何が何でも15分に1件は提案する気でやってみることに。

 

 

その前に提案分を添削してもらい、テンプレ化をブラッシュアップ。

 

 

すると土曜日には、


10件も提案できました。

 

Twitterを少し使うようになる

そして週末面談では、Twitterをもっと使っていくことを決めました。

 

翌日土曜日から少しずつですが、


前から見ていたブロガーの方を引用ツイートしてみたり、

 


気づきを発信してみたり、

 


学びを共有してみたりしました。



マンネリ化してきた3週目

3週目に入ると生活の慣れは進み、

日常に感じるようになってしまいマンネリ化を感じていました。

 

若干作業スピードも落ち、

一つ一つの作業スピードは速くなったのに2週目と作業量が大して変わらない状況。

 

ガールズバー開催

すると、メンターの一人の方が水曜日からガールズバーなるものを毎日開催するそう。

 

木曜日に初めて参加してみると、いろんな人と話せてとても楽しかったし勉強になった。

 

 

これがあったことで、リフレッシュにもなり、参加できるように頑張ろうと思い、作業も捗るようになりました。

 

謎が多いAI会

そして金曜日にはAI会という、二人一組で自分について50分話し続けるという会がありました。

 

内容を聞いた時は「なんだこりゃ」という印象でした。

しかもペアはほとんど知らない人。

 

 

50分も話すことないなと思いながらのスタート。

やってみると、やっぱり話すことはあんまり無く、詰まりながら進んでいきました。

 

それでも意外と50分最後まで話し続けられました。

 

これがなかなか凄くて、自分が知らない自分みたいなものを認識できました。

 

 

そして聞く側に回りまた50分。

やっぱり自分には話すより聞く方が合ってるなと思いながら聞いていました。

 

ペアの方が個性溢れる方だったので、聞いていて楽しかった。

 

そしたら「模範的な聴き方だった」と言われ、思ってもない長所が見つけられました。

 

終わりが迫り焦る4週目

最終週が一番濃密な一週間でした。

 

事業計画を考える

いなフリ最終日には事業計画発表というものがあるのでそれに向けて、

自分が今年何のために何をしていくのか考える時間が増えました。

 

 

これが結構面倒でしたが、

みんなの発表を聞いて、発表して受講生や講師の方からフィードバックをもらったりしてると、

めちゃめちゃ有意義なものになりました。

 

事業計画について書いた記事はこちら。

https://wakutakublog.com/project-plan-2019/

 

こうやって考えることで、やるべきことが明確になった。

 

そしてフィードバックを受けて思ったことを書いた記事がこちら。

https://wakutakublog.com/project-plan-comments/

 

フィードバックを受けて、色んなアイデアを吸収できてモチベーションも上がりました。

 

とにかくみんなの話を聞いた

もう終わってしまうと思うと、

まだまだいろんな人の話を聞きたいという思いでした。

 

積極的にガールズバーにも参加して、町コロもした。

 

いろんな話を聞いていると、刺激を受けるし勉強になる。

 

 

そんなことをしていると、

夜の作業時間は減り、就寝時間は遅くなり、

起床時間も遅くなり、朝の作業時間も減りました。

 

 

まあ作業量的には良くないかもしれませんが、

結果的には良かったと思っています。



田舎フリーランス養成講座「いなフリ」へ行こう

目標に対する結果を言うと、

ブログ毎日更新は達成。

ライティングは納品で31,000円、受注で39,000円。

 

目標達成ならずでしたが、

 

 

そんなの関係ないぐらい、充実した一ヶ月を過ごすことができました。

 

興味があればみんな行ってほしい。

 

 

いなフリは、フリーランスになるためよりも大切な何かを学べる、そんなところ。

 

みんなが皆のことを真剣に考えて、応援し合って、

そんな環境に一ヶ月居れるだけでも行く価値はあります。