【今買うならどっち?】有線とワイヤレスイヤホンを徹底比較した結果

はいどうも、たっくん(@wakutakublog)です。

 

 

完全ワイヤレスイヤホンが流行ってるけど、まだ有線でいいか。

有線の方が使いやすそうだし…。

 

そんな方に向けて今回は「完全ワイヤレスと有線、今買うならどっち? それぞれの魅力を比較」というテーマで解説していきます。

 

下のどちらかに当てはまる人は参考にしてみてください。

  • 次に買うイヤホン、有線かワイヤレスどっちにしようか迷ってる人
  • ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリットを知りたい人

 

有線イヤホンから完全ワイヤレスイヤホンに替えてから7ヶ月ほど。

両方を使ってみて感じた “それぞれの魅力” をぶっちゃけていきますね。

 

たっくん
たっくん
それぞれの良さがあるから、自分のライフスタイルに合わせて選ぼう

 

 

 

便利になった。ワイヤレスイヤホンの魅力【有線と比較】

 

先に結論を言うと、ワイヤレスイヤホンの魅力は以下の6つ↓

  • ケーブルが邪魔にならない
  • ノイズが入らない
  • ケーブルが絡まるイライラなし
  • iPhoneの充電中でも音楽が聴ける
  • スマホとの距離が制限されない
  • イヤホンで操作できる

 

たっくん
たっくん
少し多いので気になる箇所だけでも読んでいってね

 

 

ケーブルが邪魔にならない

“完全ワイヤレス” というケーブルが全くないイヤホンを使って初めて実感しました。

「ケーブルがなくなるとここまで快適なのか」と。

 

ケーブルが邪魔になる状況はパッと思いつくだけでも4つほどあります↓

  • 歩いてたら手が引っ掛かり、イヤホンが外れる。
  • 肩掛けカバン(サコッシュ等)の掛け外しでイヤホンが邪魔
  • マスクの付け外しでイヤホンを外さないといけない
  • ケーブルが手すりに引っ掛かり、耳ごと引っ張られる。

 

とにかく「ケーブルが引っ掛かる」というのはストレスです。

でも完全ワイヤレスならそれが起こり得ません。物理的にケーブルがないので。

 

上記4つのようなストレスを感じている人はお試しあれ。

 

たっくん
たっくん
引っ掛かるストレスがゼロになったのは神。マジで。

 

 

ノイズが入らない

ケーブルは邪魔なだけでなく、ノイズの原因にもなります。

 

質にもよりますが、3,000円ほどの有線イヤホンを使ってる人は下記のような悩みがあるはず↓

  • 歩いてるとケーブルが服と擦れてガサガサ音が入る
  • 強風の日はとくにノイズが酷い

 

正直、強風の日に歩きながら音楽を聴いても、音楽どころじゃなかったりしますよね。

 

その点、ケーブルがない完全ワイヤレスイヤホンなら快適に音楽を楽しめます。

どれだけ動いてもノイズは入りません。強風だろうが関係なし。

 

たっくん
たっくん
歩きながら音楽を楽しむにはモッテコイですね。

 

 

ケーブルが絡まるイライラなし

有線イヤホンを使う全員の悩みといっても過言ではないのが “ケーブルの絡まり”

 

イヤホンを付けようとポケットから取り出すと、それはイヤホンではなく毛糸のような姿。

もちろん「有線イヤホンが絡まらない方法」などもあるようですが、正直メンドくさいし、試しても上手くできず結局絡まるオチです。

 

でも完全ワイヤレスイヤホンなら、取り出してケースを開けて片方ずつ耳につけるだけ。

時間にして4秒です。

 

たっくん
たっくん
サッと取り出してスッと耳につける姿。スマートですね

 

 

iPhoneの充電中でも音楽が聴ける

iPhone7からイヤホンジャックが廃止に。

そして有線イヤホンは、充電用として使っていた「Lightning端子」に挿して使うように。

 

簡単にいうと、iPhoneの充電と有線イヤホンの使用が同時にできなくなりました。

 

そしてiPhone7以降で、充電と音楽を同時に行う方法は以下の3つ↓

 

もちろんコレは好きな方法を選べばOKです。

 

が、正直いうとワイヤレスイヤホンが楽かなと。

モバイルバッテリーでの充電時も使いたいし、端子などの小物が増えるのも面倒なので。

 

たっくん
たっくん
ちょっと高価だけど、3つの中でも一番ラクかと

 

 

スマホとの距離が制限されない

これまたワイヤレスイヤホンを使って初めて実感しました。

「スマホとの距離が制限されない快適さはヤバい」と。

 

スマホとの距離が制限されないと以下のようなことが可能になります↓

  • 勉強中:音楽を聴きながら、でもスマホは気が散るから遠くに
  • 料理中:YouTubeを観ながら、でもキッチンには置けないので机に
  • 筋トレ中:音楽を聴きながら、でもポケットは邪魔だから机に

 

とにかく「〇〇しながら、音楽を聴いたり動画を観たり」という場面ではワイヤレスイヤホンが超便利に感じるはずです。

 

たっくん
たっくん
コレのおかげで、どんな状況でも音楽が楽しめるようになった

 

 

イヤホンで操作できる


(ちょっと飛び出てるのがボタン↑)

 

完全ワイヤレスイヤホンなら、耳元でサッと簡単な操作ができます。

 

有線イヤホンなら「次の曲を再生・音量UP」などの操作が毎回スマホ。

満員電車でスマホを取り出せず、曲を変えられなかった経験をした人も少なくないはずです。

 

でも完全ワイヤレスイヤホンなら、つり革に掴まった手で、耳元のボタンで、簡単に操作できます。

満員電車でもラクラク。

 

たっくん
たっくん
この機能もまた、スマートでいいですね。

 

 

まだイケる。有線イヤホンの魅力【ワイヤレスと比較】

ここまで “ワイヤレスイヤホンの魅力” を有線と比較して紹介してきました。

 

コレを聞くと「やっぱり有線よりワイヤレスだなぁ」と感じますよね。

 

でも、有線の方が優れているポイントもあります。

見出しに書いたように、有線イヤホンもまだイケるかと。

 

サクッと有線イヤホンの魅力を紹介すると以下の3つ↓

  • 高性能なのに安い
  • 落とさない。失くさない。
  • 充電がいらない

 

たっくん
たっくん
有線の魅力も知った上で、自分に合ったモノを選んでくれよな

 

 

高性能なのに安い

まず何と言っても、有線イヤホンの方が安いです。

 

3,000円ほどで音質も接続もそこそこ良いモノが買えますよね。

この性能を完全ワイヤレスと比べると、8,000〜15,000円ほどで同じ音質というレベル。

 

もちろん、有線にはノイズが入りやすいという欠点もあります。

 

それでも、音質もよく音切れも起こさないイヤホンが3,000円。

わりと性能が良くて、この価格で買えるのは有線イヤホンの魅力ですね。

 

たっくん
たっくん
イヤホンにお金を使いたくない人は有線がいいかと

 

 

落とさない。失くさない。

有線イヤホンのケーブルは欠点でもあり「落としにくい」という魅力にもなります。

 

というのも、完全ワイヤレスイヤホンだと下記のようなことがあるので↓

  • バスで寝ている間にイヤホンが外れ、どこかに転がって紛失
  • イヤホンを付けたまま席を立ち、ケースを忘れる

 

こういった点では、ケーブルがある有線イヤホンの方が管理しやすかったりします。

 

たっくん
たっくん
すぐに物をなくす人は有線がいいかも

 

 

充電がいらない

有線を使っている人には当たり前ですが「充電がいらない」というのも魅力ですね。

ワイヤレスイヤホンでは充電が必須なので。

 

PCやスマホ、モバイルバッテリー、カメラなど日常的に充電するものが多い人には厄介かもしれませんね。

 

とはいえ、多くのワイヤレスイヤホンが週1回の充電でOKなので気にならない人も多いかと。

 

たっくん
たっくん
正直、ぼくはあまり気にならないかな

 

欠点が少ないワイヤレスイヤホンは「GLIDiC Sound Air TW-7000」

さぁ、ここまでで “有線とワイヤレスのお互いの魅力” を解説してきました。

 

 

今、「うーん。悩ましいな…」と感じている方に朗報。

僕が実際に使っている「GLIDiC Sound Air TW-7000」は正直、かなり使いやすいです。

 

記事の前半で紹介した “ワイヤレスイヤホンの魅力” はもちろん兼ね備えつつ、“ワイヤレスイヤホンの欠点” も軽減されています。

 

 

簡単に紹介すると、以下の2つがおすすめする理由↓

  • フィット感が抜群なので、落ちる心配がいらない
  • 連続9時間、ケース込みで最大25時間の再生が可能なので週1〜週2の充電でOK

 

まさに完全ワイヤレスイヤホンの欠点だった「落とす問題・充電問題」を軽減してくれています。

 

 

たっくん
たっくん
正直、まったく不満がない

 

 

※ もっと詳しく知りたい方は下の記事をご覧ください。

 

【結論】〇〇な人は有線イヤホンを。△△な人はワイヤレスを。

さて、今回は「イヤホンは有線とワイヤレスどっちがいいのか」について比較してきました。

 

ここまで読んでいただいた方はお察しかと思いますが、僕は完全ワイヤレスイヤホン派。

 

とはいえ、今の段階では有線イヤホンの方が優れているポイントもあります。

なので「〇〇な人はコッチ」という形で締めくくりますね。

 

まず有線イヤホン。

  • とにかく安さを重視したい人
  • 少しの音ズレで支障をきたす人(映像の編集・音ゲーなど)

 

次にワイヤレスイヤホン。

  • とにかく生活を快適にしたい人
  • 0.2秒ほどの音ズレが気にならない人
  • スマートでありたい人

 

 

たっくん
たっくん
それではお好みのイヤホンを選んでくださいね