ブログの更新でやる気が出ない時でも書くための3つのコツ~書き方編~

ブログ
スポンサーリンク

はいどうも、ブログ毎日更新28日目のたくまです。

 

ブログの毎日更新をしてると、どうしても付きまとう問題が「やる気が出ない日」じゃないですか。

 

僕は大学生ということもあり、他の課題やバイトで疲れていると、中々ブログを書き始められません。

それでも、こうやって1ヶ月近く毎日更新できています。

 

そこで、僕が「やる気が出ない日」にやっているブログの書き方を紹介していきます。

たくま
たくま

毎日更新している人は参考にしてみてね~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

書きやすい・書きたい箇所から書いていく

やる気が出なくて、最初の書き出しが手に付かない…。

 

そんな時は書きたいとこから書いていくのが良いです。

 

初めから書くことにこだわる必要はなく、書きたい見出しのところから書いていきましょう。

導入だって後から書けますしね。

 

書きたいところって基本、頭に浮かんでいることをそのまま書いていくような作業だと思うので、楽に書くことができます。

 

あと、書きたい事=もっとも伝えたい事だと思うので、そこを完成させることで早く公開したいと思うようになってきます。

それで他の部分も書けちゃいます。

最初からデザインする

しんどいし、文字を書くのがだるい…。

 

そんな時は文字ばっかり書かずに、色付けや吹き出し設定を文章を書きながらやったり、アイキャッチ作成を先にやったりするのが良いです。

 

多くの人が普通、最初に文章を完成させてから改行や色の設定をすると思います。

 

でも、ブログを書くのがダルい日って「文章を書くこと」にダルさを感じていませんか?

 

だから僕は、ダルい日はデザインを最初からやっています。

こうしていると、細かい完成図を見れるので公開したいって気持ちになったりします。

 

あと、デザインをしていることで気を紛らわせることもできます。

楽に書けそうな記事を書く

とにかくダルい、できることなら何も書きたくない、でも毎日更新はしたい…。

 

そんな日におすすめなのは、とにかく楽に書けそうな記事を書くこと。

 

記事ネタをいくつか持っている人なら、これは楽に書けるみたいな記事もあると思います。

写真がメインみたいなやつですかね。

とにかく文章を書くハードルを下げることが良いですね。

 

あとこれをやると、書き終わったときにやる気が出てたりするんですよ。

楽に書けそうな記事を書くのに大して時間はかかりませんよね。

で、終わったらまだ時間があって他の作業もできたりします。

 

多分これはよく言われるアレです。

モチベーションアップには「まずは軽いタスクをこなせ」と同じだと思います。

 

なので、ほんとにやる気が出ない日は、「楽に書けそうな記事」を書きましょう。

継続は力なり

そういうことですね。

やる気が出ない日でも、何かしらの作業はして継続していきましょう。