チャリ旅

弾丸!京都-名古屋チャリ帰省の旅~音楽に救われた~

はいどうも、チャリがあればどこでも行けると思ってるたくまです。



今日は、一昨年の夏に京都から名古屋までチャリで帰省したときの話。

ちなみにこれが相棒の折りたたみ自転車。

プラム色なんですが今では、かなり色も落ちグレーみたいになってます。

ルート

今回は一度金山に向かい、その後家に向かいます。

家~京都:5キロ

京都~金山:123キロ

金山~家:13キロ

ということで、計140キロぐらいです。

道中記と自転車旅の教訓

日付は8/24。真夏もいいとこですね。

朝4:30に起床。

5:00に出発します。

まだ辺りは暗い中の出発。



比較的涼しいので、今のうちに出来るだけ進みたいと思いながら、飛ばしていきます。

京都から山科へ向かう途中に最初の山が現れました。

こいつは比較的楽に超えられる。

ゲームの最初に出てくる雑魚キャラみたいな感じ。



そんなこんなで、

一時間漕いでいると、琵琶湖に着きました。



ここの橋を渡っている間はめちゃめちゃ気持ちいい。

橋を渡り、琵琶湖を背に進んで行きます。

このあたりは意外といろいろお店もあって、コンビニで水分補給しながら漕いでいきます。

永遠と少し田舎な住宅街を走っていると、いつの間にか本物の田舎に入っていました。



この田舎道が果てしなく長いんです。

たまに家が見えてきたかと思うとまた畑、この繰り返し。

何よりきついのが、コンビニが見当たらないこと。



ここまでの田舎で暮らしたことがないので、コンビニがないのは想定外でした。

割と身に危険を感じるレベルできつかった。

やっとの思いで見つけたコンビニで、飲み物を大量購入し、ガリガリ君で体を冷まします。

この選択は正しく、再開すると二度目の山登りでした。



この山が果てしなく長い。とてつもなく急な坂。

雑魚キャラの後はいきなりボスキャラでした。

何度か自転車を降り、歩いてチャリを押していきます。

やっとの思いで、町に出たと思い、進んでいるとまた山。

ただの山の中の集落みたいな感じでした。



また現れた山をひたすら登っていきます。

そしてここを抜ければ山道は終わるという「石榑トンネル」が見えてきました。

出典:Wikipedia石榑峠



ここで事件が起きたのです。

なんと、トンネルまで数十メートルのところで、右足ふくらはぎを痙り、それを庇いながら漕ぐと、左足ふくらはぎも痙り・・・。

どんどん悪循環で、右足腿まで痙り、自転車を降り歩いくことに。トンネルにつくと下り坂なので自転車に乗ります。



足を休めようとペダルから離し、体は手で支えていました。

すると今度は腕まで痙りました。両腕です。

さらに、このトンネルが思いの外、急でブレーキをかけながらじゃないと進めません。

片腕休めて、片腕でブレーキ。これの繰り返しでした。



そんなこんなで山道とも別れを告げ、街並に入っていきます。

ここからは、尻と肩の痛みとの戦いです。

帰省のための荷物を持ちすぎたことを、ここで後悔していました。



午後三時頃、やっとお昼ご飯が食べられるところを見つけました。

たぶん丸亀製麺だったかと。

疲れすぎて、食欲もないのでうどんはちょうど良かった。

そんなこんなで金山に到着。


~ここで自転車長距離ライドの教訓~

・荷物は少なめに

・田舎では水分を多すぎるぐらい持て

・道中で癒やしを与えよ

金山での路上ライブに癒やされる

なぜわざわざ金山に来たかというと、あるアーティストの路上ライブが見たかったから。

そのアーティストというのは「なすお」「いもむしスピリッツ」

当時は少しはまっていました。

YouTubeもあるのでどうぞ。

こちらが「なすお」さん。当時のお気に入り曲がこの「キャンバス」。


こちらが「いもむしスピリッツ」さんで「イモムシノウタ」。



この人たちの路上ライブを見て、めちゃめちゃ癒やされました。

おかげで、金山から家までの13キロは全然つらくなかった。

やはり音楽は偉大です。



自転車旅の話だったのに終着点が音楽という、なぞの終わり方ですが、おわり!!

最後にもう一度、

音楽は偉大。