【正直どう?】アブラサス「小さい財布」の魅力とデメリットを紹介

はいどうも、たっくん(@wakutakublog)です。

 

 

もう長財布はいりません。

そんな時代の波を先取りしたい人には abrAsus「小さい財布」がおすすめです。

 

 

この記事では「abrasus “小さい財布” を実際に6ヶ月使ってみた感想」をお伝えします。

 

\ 僕が使っているのはコレ! /

created by Rinker
abrAsus(アブラサス)
¥14,800
(2019/11/12 19:57:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

正直かなり気に入っていますが、デメリットもあるので包み隠さず書いていきますね。

 

 

たっくん
たっくん
小さい財布を使い始めたら、もう長財布には戻れません。

 

abrAsus(アブラサス)小さい財布のスペック

abrAsusが目指すのは「快適な生活の追求」

その1つの形となったのが「小さい財布」です。



小さい財布とは↓

サイズ 6×9×1(cm)
カード 5枚
コイン 約20枚
お札 約10枚

 

コンパクトなのに収納力もあるという優れもの。

 

そして「小さい財布」は8つのシリーズ展開がされています。

エンボス加工:傷に強い

ブッテーロレザー:経年変化(エイジング)が楽しめる

レディースカラー:大人な女性好みのカラー(エンボス加工)

abrAsus×Orobianco【コラボ】:お洒落なツートンカラー

abrAsus×SHO KURASHINA【コラボ】:柄物でエレガンスな雰囲気

abrAsus×Sugar Plus【コラボ】:可愛らしいカラー

ダンボーver.:裏面にダンボーがデザイン

左利き用:左右反転しており左利きでも使いやすい(エンボス加工)

 

僕が使っているのはブッテーロレザーです。

革が固すぎず柔らかすぎないベストな質感。そして経年変化も楽しめるので、使えば使うほど愛着が湧いてきます。

 

 

たっくん
たっくん
革のエイジングを楽しみたいなら「ブッテーロレザー」・「abrAsus×Orobianco 」・「ダンボーver. 」の3択ですね

 

abrAsus(アブラサス)小さい財布の4つの魅力

6ヶ月使って感じた アブラサス「小さい財布」の魅力を紹介します。

 

4つの魅力をざっくり紹介↓

・持ち歩きのストレス “ゼロ”【手のひらサイズ】

・内装までおしゃれ【こだわりを感じる】

・使い勝手も抜群【小さいだけじゃない】

・どんどん愛着がわくエイジング【飽きない】

 

\ ただのミニ財布じゃない /

created by Rinker
abrAsus(アブラサス)
¥14,800
(2019/11/12 19:57:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

魅力①:持ち歩きのストレス “ゼロ”【手のひらサイズ】

長財布を使っていてストレスに感じたことはありませんか?

 

またすぐ使うから、財布はポケットに入れておこう。

↓(数分後)

ポケットの財布が邪魔だな…。

 

こんなストレスも アブラサス「小さい財布」ならヘッチャラ。

今まで長財布を使っていた方には衝撃的な小ささなので。

 

財布がポケットに入ってるか心配になるぐらいの小ささです。

一般的な長財布の1/3以下。

 

手で持つとこんな感じ↓

スマホより小さいので、ポケットに入れても不快感はゼロです。

 

たっくん
たっくん
本当にストレスがないので、常にポケットに入れるようになりました

 

 

魅力②:内装までおしゃれ【こだわりを感じる】

他のミニ財布との決定的な違いは「内装にもこだわりを感じるお洒落さ」です。

 

“コンパクト” を追求して財布を選ぶなら他にもあります。

ただ、外見だけじゃなく内装にもおしゃれさを求めるとアブラサス「小さい財布」が魅力的です。

 

まず前面の “角を切り落としたようなデザイン” と “金属のスナップ” 。

 

次にカード収納の切り込み。

デザインを気にしなければ、無機質に端を切っただけになるでしょう。
(こだわりを感じますね)

 

そして小銭入れのシンプルさ。

前面やカード収納のように一工夫されたおしゃれさ、小銭入れのシンプルさ。

バランスが取れています。

 

たっくん
たっくん
内装がビミョーだと使っていて気持ちよくないからね

 

 

魅力③:使い勝手も抜群【小さいだけじゃない】

先ほども書いたように “コンパクト” という点で選べば他にもあります。

ですが「小さい×機能的」という点では アブラサス「小さい財布」がベストです。

 

小さくても機能的ではない財布↓

・小銭入れがない

・小銭入れを小さすぎて取り出しが不便

・お札を折り畳まなければいけない

・カード収納がない

このように、“何かを削ったうえでのコンパクトな財布” が多くあります。

 

冒頭でも書いたように アブラサス「小さい財布」は、

・カード5枚収納

・お札10枚を折りたたまず収納

・コイン20枚収納

これだけの機能を備えています。

 

たっくん
たっくん
これだけの容量があるのに、サイズは長財布の1/3以下…

 

 

さらに、財布を開くことなくカードを取り出すことができます

カード収納が二方向から切り取られているので、左側から押し出して簡単にカードを取り出せるのです。

 

 

さらに、小銭入れとお札収納のつなぎ目にも注目してください。

ここがベタッと張り付いていないので、お札の出し入れがかなり楽になっています。

 

たっくん
たっくん
些細なこだわりが小さい財布を魅力的にしている

 

 

魅力④:どんどん愛着がわくエイジング【飽きない】

やはり、財布は長い年月を共に過ごすアイテム。

ずっと愛着をもって使っていきたいですよね。

 

そこで重要なのが「経年変化(エイジング)によって生まれる味」

 

〜Before〜

〜After〜

こんなにも変化が楽しめると、どんどん愛着が湧いてきます。

 

 

※注意点として「ブッテーロレザー」・「abrAsus×Orobianco 」・「ダンボーver. 」の3種類しかエイジングは楽しめません。

 

abrAsus(アブラサス)小さい財布のデメリット

ここまで アブラサス「小さい財布」の魅力を書いてきましたが、当然デメリットもあります。

 

小さい財布のデメリット↓

・若干小銭が取り出しにくい

・カードを減らすと不便

 

たっくん
たっくん
買う前にデメリットも確認しておきましょう。

 

 

デメリット①:若干小銭が取り出しにくい

これはどうしようもないのですが、長財布を使っていた人には小銭入れが使いにくいかと思います。

 

とはいえ、長財布のように小銭が取り出せるミニ財布はありません。

慣れるのを待ちましょう。

 

そもそもミニ財布を使うなら “キャッシュレス化” が前提にあると思うので、気にしなくていいかと。

 

たっくん
たっくん
実際、ぼくも小銭を使う機会はかなり減りました。

 

 

デメリット②:カードを減らすと不便

アブラサス「小さい財布」は1つのカード収納に5枚のカードを収納するタイプ。

そして革なので、使っている形に合わせて革が伸びていきます。

 

なので、カードを5枚から4枚のように減らすと、隙間が生まれ落ちやすくなります。

 

とはいえ、そもそも5枚という少なさですし、途中で減らすようなことはないかと。

減らしたとしても、1枚ぐらいなら振らないと落ちてきません。

 

たっくん
たっくん
ちなみに、最初から4枚しか入れないとかなら全く問題なしです。

 

abrAsus(アブラサス)小さい財布の口コミ

 

 

 

abrAsus(アブラサス)小さい財布を安く買う方法

ここまで読んでいただいた方には「小さい財布を安く買う方法」を教えます。

 

もちろん、Amazonや楽天でも買うことは可能です。

ただ、送料がかかってしまうので少し高くなります。

 

答えは「公式HPから買う」です。

・送料が無料

・無料会員登録で5%のポイントが還元

※5%のポイント還元は期間限定なのでお早めに!

 

なので、アブラサス「小さい財布」をおトクに買いたい方は公式HP「SUPER CLASSIC」からお買い求めください。

ご購入はこちら

 

 

\Amazon・楽天で買うという人はこちら/

created by Rinker
abrAsus(アブラサス)
¥14,800
(2019/11/12 19:57:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

時代を先取りしたいならabrAsus「小さい財布」を

ここまで アブラサス「小さい財布」を徹底的に紹介してきました。

 

お値段は11,850〜16,800円なので決して安くはありません。

ですが、実際に7ヶ月使ってみて “お値段以上” の価値を感じています。

 

他のブランド財布と比べればかなり安いですし、かといって安っぽくもない。

むしろ高級感すらあります。

 

 

「キャッシュレスの波を先取りしたい!」という方はぜひ アブラサス「小さい財布」を。

 

 

\ キャッシュレス生活の相棒にどうぞ /

created by Rinker
abrAsus(アブラサス)
¥14,800
(2019/11/12 19:57:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

たっくん
たっくん
これからも愛用していきます