大学生

【大学生の食費節約術】1ヶ月、約25,000円の食生活とは。

一人暮らし大学生のみなさん!

できるだけ食費は押さえたいですよね。

 

「でも、我慢はしたくない」

 

たくま
たくま

大丈夫。1日3食生活をしている、僕の食生活を紹介するよ。

 

ちなみに僕はそこそこの大食いなので、普通もしくは小食の人はもっと安くできると思うよ。

回転寿司で言うと20~30皿ぐらい食べていました。(今は健康志向なのでそんなに食べませんが・・・。)

850円で1日3食

そう、僕の1日の食費は約850円です。

つまり、1ヶ月の食費は850×30=25,500円

 

 

隣人
隣人

どうせ質素な食生活してんだら?
(誤字をしたけど、どこかの方言っぽいのでそのまま・・・。)

どんな食生活を送っているのか見ていきましょう。

食費の内訳

まず食費の内訳はこんな感じ。

朝:オートミール-100円
昼:学食(週4)/自炊(週3)-300円強
夜:自炊-400円強

どうでしょうか。

 

一番のネックは学食です。

自炊した方が圧倒的に安いし健康的。

 

理想は弁当作って持って行きたいけど、ちょっと厳しい。

 

たくま
たくま

それができたら毎日50円ぐらいの節約になりそう・・・。

100円の朝食とは

では僕の朝ご飯を紹介しますね。

とは言っても以前紹介しているのでサクッといきます。

詳しくはこちら↓。

オートミール・チアシード・ヨーグルト・無調整豆乳・アーモンド・バナナ

これらが入って、140円ぐらいです。

 

オートミール・卵・葉っぱ野菜・七味

これらが入って、50円ぐらいです。

 

最近はこの2種類を同じぐらいの頻度で食べているので、一日あたり190/2≒150円です。

 

400円強の夕食とは

多くの人が夜ご飯に一番お金をかけますよね。

そんな夕食を400円に収めるなんて「質素だなあ」と思われていますかね。

たくま
たくま

でも最近は一汁三菜を意識して作っていますよ!

結構ちゃんと食べてますよね。

 

この中の内訳を紹介しておくと、

・ご飯0.7合:約40円
・味噌汁:約60円
・主菜:約170~200円
・ほうれん草のごま和え:約60円
・豆腐納豆:80円

わりと大食いの僕ですが、お腹いっぱいになります。

 

あと基本的に僕の夕食は、主菜が鶏胸肉か魚かという変化だけで、他はいつもこんな感じです。

 

ちなみに少し前までの夕食は肉・サラダ・ご飯1.7合とかでした。

この時はご飯でおなかを膨らませるって感じで、今の食事の方が気持ちのいいお腹のいっぱいになり方です。



節約には自炊がマスト

さあさあ、皆さんお分かりでしょうが、節約には自炊が不可欠です。

隣人
隣人

自炊なんて面倒くさくてやってられるか!

って声が聞こえてきそうです。

 

実際僕の周りにも、自炊は全くしない、米だけ炊いてるという人が結構います。

でも、自炊って思ったより楽なんですよ。

 

自炊の秘訣は「調理しない」

隣人
隣人

何を言ってるんだコイツ・・・。

と思いますよね。

自炊なのに調理しないとか意味がわからないでしょう。

ただこれがめちゃめちゃ大事なんです。

 

先ほど紹介した僕の夕食、毎日調理してるのなんて主菜ぐらいです。

しかも鶏肉や魚を切って、焼くだけ。

 

他はどうしてるかというと、作り置き、そして調理いらずの食材を使ってるんです。

まず、味噌汁は5日分ぐらい作って毎日火を通すだけです。

ほうれん草のごま和えも4日分ぐらい作り置き

しかもこれ、ほうれん草を切ってレンチン、だし醤油とすりゴマをかけて完成。

最後に豆腐と納豆のやつ。

見たらわかると思いますが、豆腐を皿に出して上に納豆をのせて味付けするだけです。

 

どうでしょう。

自炊のハードルが下がってきました?

 

これをやるだけで、夕食を400円強で食べられるんですよ!

もっと自分のためにに時間とお金使おう

食費を抑えることが出来れば、もっと自分のために使えるお金が増えますね。

「別にそんなにお金を使うことないし」って方は、自由な時間が増えますよ。

節約できれば、働く時間も短くできますよね。

 

出来るところから節約して、幸せな生活を手に入れましょう。