生活

歯磨きはタイミングが命

はいどうも、朝起きたらまずは歯磨きをする、たくまです。

 

みなさん、歯磨きをする正しいタイミング知ってますか?

いつでも良くない?

なんて思ってませんか?

 

実は歯磨きのタイミングってかなり重要なんです。

タイミングが違うだけで体に影響が出ることもあるかも。

 

そこで今日はこの記事で正しい歯磨きを伝授します。

さくっと読めて今日から使えるのでぜひ、読んでいってくださいな。

朝は起きてすぐ

結論、朝の歯磨きは朝起きてすぐがベストなんです。

 

その理由を挙げると、

起きた直後の口内環境は、一日のなかで最も菌が繁殖している状態なんです。

 

そんな口内環境で食事や水分補給をしてしまえば、口内にある大量の細菌を飲み込んで体内に入れてしますことになります。

最悪の口内環境をきれいにしてから食事をするためにも、朝の歯磨きは起きてすぐが良いんです。

 

 

また、歯磨きによる歯茎の刺激は眠気を覚ます効果もあるので、朝起きられない人も歯磨きをすることで、すっきり起きられます。


つまり一石二鳥ですね。

食後30分は歯磨きしない

食事したらすぐ歯を磨かないと菌が繁殖するって思ってませんか?

でも食後すぐの歯磨きって実は歯に悪いんです。

 

なぜかというと、食事に含まれる酸性物質によって歯は柔らかくなるんです。


そんな歯が柔らかい状態でゴシゴシ歯磨きなんてしたら、歯を磨くどころか削っていることになるんです。

 

で、歯がもとの固さに戻るのに30分ほどかかると言われています。


ですので、歯磨きは食事後30分以上あけてからにしましょう。

すすぎは一回だけ

歯を磨いて、歯磨き粉をすすぐとき、何度も何度もすすいでませんか?

 

それでは歯磨きによる虫歯予防が台無しになってしまいます。

多くの歯磨き粉にはフッ素という虫歯予防成分が含まれています。

 

つまりこれを歯に留まらせておけば、虫歯予防効果が期待できるんです。

そのため、歯磨き後のすすぎは一回までが良いです。

 

僕は20秒一回で終わりにしています。

少し歯磨き粉の風味は残りますが、自然と消ています。

歯ブラシを水で濡らさない

水で濡らした方が、泡立ちも良くなってしっかり洗えてる感があるため、ついつい濡らしてしまってませんか?

 

これも良くないんです。

水によってフッ素などの歯磨き成分が薄められてしまうんです。

 

また、泡立つことによって磨けた感が起きるのも良くない。

歯磨きで大切なのはしっかりこすることであって、泡立てることではありません。


泡立つことで起きる磨けた感が、こすることを疎かにしてしまうんです。

 

同時に歯磨き粉をつけすぎるのも、この磨けた感を起こすのでやめた方がいいでしょう。

正しい歯磨きで健康な歯に

今日は正しい歯磨きについて紹介してきましたが、全部完璧な人は少ないんじゃないかな。

 

実際ぼくも、最近まで歯ブラシをぬらして歯を磨いていました。

濡らさないと磨けてる感がなくて嫌だったんですけど、まさに悪い典型でしたね。

それを知って以降は、磨けてる感がないからか丁寧に磨くようになった気がします。

 

どれも簡単にできることなんで、是非やってみてくださいね。