島田紳助に学べ

大学生
スポンサーリンク

はいどうも、たくまです。


島田紳助さんって覚えてますか?

さすがに覚えてますかね。

たくま
たくま

僕は島田紳助さんが好きで、僕が知ってる限りの芸能界では一番面白かったと思います。

面白くて司会もうまくて、尚且つ人間味もあって。

面白いだけじゃないんですよね。


そして、島田紳助さんの言葉の数々がすごい勉強になるし、励まされるなと思ったんで記事にしますね。


あと、こういった名言みたいなものって根拠のない精神論とか言われがちですけど、

僕はそんな他人が持ってる根拠なんて伝わらないし、受け取る側にも必要ないと思います。

その言葉が自分にとって腑に落ちれば良いだけですから。


腑に落ちない、納得いかない言葉もあるはずです。

だってその人とは生きてきた人生が違うんですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

島田紳助に学ぶ5つのこと

それでは、島田紳助さんの言葉を5つ紹介します。

たった5つなんでサクッと見ていってください。

若さを大切にしろ。

年をとった人間は、若さが買えるなら1億円だって払う。だから、若いということは、ポケットに1億円持っているのと同じ。でも使わないでいると、なくなってしまうお金なんだよ。だから、使わないと 。

出典:島田紳助名言集

いかに若いことが大切か、それに気づかされる言葉ですね。


若い間に行動できることはやっといた方がいい。

大人になると、いろんな不自由や柵みが増えたりします。


もちろんそんな不自由は無いに越したことはないんだけど、

いつ自由が侵されるかわからないので、若いうちにいろいろやっとこうってことです。


継続。それだけでいい。

少しずつ、ほんの少しずつ、ずーっと頑張る。それが人生、勝つ方法です。その頑張りは、角度にしたらたったの1度です。でも、たった1度の先は、大きく離れています。たった1度なら、誰でも努力できるはずです

出典:島田紳助名言集

なにごとにも継続が大事です。


ほんのちょっとの努力だとしても、継続することって本当に難しいですよね。

だからこそ、その継続ができた人が勝てるんです。

ちっぽけな努力でも続けていきましょう。


ここからは個人的な思いなんですが、

努力している間は成果が出ないんじゃないかって最近思うんですよね。

これは別に努力することを否定しているわけではなくて、努力だと捉えてしまっている間は、ということです。


何が言いたいかというと、そもそも努力していることって自分がやりたいこと、なりたい自分になるためのものじゃないですか。

だったら努力じゃなくて楽しいとかわくわくしたりすると思うんです。


もし努力と感じてやっているのなら、それは心のどこかで自分ではない何かのために、やらされてるという感情があるんじゃないかと思うんです。

何をするにしても、能動的に自分から行動しないと成功はしません。


なので、努力だと感じているのならもう一度自分と向き合って、本当にやりたいことなのか考えてみてください。

それで本当にやりたいことだと思ったのなら、もう努力なんて感じないはずです。


まあ余談はさておき次にいきましょう。

偽善でもなんかしろ。

偽善と言われてもいい。何もしないよりはずっといい

出典:島田紳助名言集

そうです。そうとしか言い様がありません。


偽善でも客観的に見れば善いことをしているわけです。

その人が何を企んでいようが、感謝をしている人は必ずいるんです。


だったらそれを批判する必要は無いし、批判する方が可笑しい。

偽善だろうが何だろうがするべきですよね。


いつか繋がる経験を増やせ。

今日、経験したことは新しい絵の具。今は使わないかもしれないけど、いつ使うかわからん絵の具の種類をたくさん増やさないと。いざ絵を描くときに、絵の具は多い方がいい。だから明日からでも行動して、新しい絵の具を手に入れろって。

出典:島田紳助名言集

スティーブジョブズもこんなこと言ってましたよね。

将来をを見据え、点と点を作り繋げることなどできない。

できることは散らばった点を後からつなぎ合わせること。


だから今は、将来つながる可能性を持つ点をとにかく増やすことしかできないんです。

そのために、いっぱい行動して、いろんな経験をするしかないんです。

それが失敗だろうが成功だろうが関係ありません。


人生に本気であれ。

マジメの定義は難しいですが、仕方なく会社へ行き、仕事をして、同じ時間に帰ってきて、テレビを見て、寝る。
それをマジメというのでしょうか。
マジメとは、夢を持ち、努力して生きている人のことではないでしょうか。

出典:島田紳助名言集

これは日本人が考え直すべきことですね。


真面目には誠実であることのほかに、本気であることという意味もあります。

では島田紳助さんが言う前者は人生に本気であると言えるのでしょうか。

僕は後者のように、夢に本気であり続ける人生を送りたいです。


早速行動に移しましょう

ここまで読んでくれた方は今、モチベーションが高い状態だと思います。

でもモチベーションなんて一過性ですぐに消えてしまいます。

だから早く、今すぐ行動しましょう。

自分を変えるという覚悟を持って。